アルファード30系 後期型

アルファード3代目後期型30系の内装内寸スペックを競合車と比較!

更新日:

スポンサーリンク

今回は、トヨタアルファード30系3代目後期型の内装・内寸のスペックを競合車と比較してみました。
ライバルの国産・外車ミニバンに対してアルファード30系の強みはどこか確認して、購入するときのための参考材料にしてみてください。

ミニバンのなかでも根強い人気と高評価を得ている理由は見た目だけでなく、内寸スペックに現れていましたよ。

 

アルファード後期型30系 内寸スペック

  • 全長/4950mm
  • 全幅/1850mm
  • 全高/1935mm
  • ホイールベース/3000mm
  • 室内長/3210mm
  • 室内幅/1590mm
  • 室内高/1400mm

5m近いボディを最大限に活かせるように、内寸も大きくとってあるのが特徴的。
だからこそ、質感や高級感をさらに効果的に見せることができる大空間を実現できているわけですね。

3列目を使わないときには跳ね上げ式で格納することで、大きな荷室を確保することができます。

跳ね上げ式の3列シートにすることで、床下収納も使えるので便利ですが、オーナーによっては2列目を最大限にスライド・リクライニングさせて乗りたいという意見もあり床下格納のほうがいいという声も口コミにありますね。

車高が競合車よりも高くオーナーの中にはバランスが悪いと不評になっている部分もありますが、この高くとられた車高によりゆとりの頭上スペースが確保されています。

 

スポンサーリンク

 

アルファード後期型30系の競合車

アルファードと競合できる大型ボディで高級感のあるミニバンとなると兄弟車の「ヴェルファイア」以外に考えられるのは

  • メルセデスベンツVクラス
  • 日産エルグランド
  • ホンダオデッセイ

という車種が考えられます。

他にもミニバンという枠を超えたら

  • ランドクルーザー
  • ランドクルーザープラド
  • マツダCX-8

などもありますね。
ただ、今回はミニバンの競合車と大きさ・内寸のスペックを比較してみたいと思います。

 

メルセデスベンツVクラス3代目(W447)の内装内寸スペック

メルセデスベンツ Vクラス 3代目

引用 https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/v-class/

大きさ・内寸 アルファード30系後期型との差
全長/4905mm -45mm
全幅/1930mm +80mm
全高/1880mm -55mm
ホイールベース/3200mm +200mm
室内長/2840mm -370mm
室内幅/1660mm +70mm
室内高/1330mm -70mm 

メルセデスベンツVクラス3代目のホイールベースはアルファード30系後期型よりも長いですが室内長は大きく劣ります。
ちなみにシートバリエーションとしては、3列目を取り外すことができる仕様になっています。

これにより2列目と3列目を取り外すことで最大奥行きはアルファード30系よりも長い室内空間にできます。

ただ、取り外せるシート自体がかなり重く、取り外すのも苦労するし置き場所にも困ると思うので、実際のところ実用的ではないかもしれません。

最初からシート自体を取り外してキャンピングカー仕様にするのでれば、かなりおすすめの車ではありますけどね。

トランク出口付近の最小幅が広く取られているので、荷物を並べておくにはアルファードよりも使いやすいポイントでしょう。

内装も高級感があり、ゴージャスというよりも先進的なインテリアという印象です。

 

日産エルグランド3代目(E52型)の内装内寸スペック

日産 エルグランド 3代目

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand/exterior_interior.html

大きさ・内寸 アルファード30系後期型との差
全長/4945mm -5mm
全幅/1850mm 0mm
全高/1815mm -120mm
ホイールベース/3000mm 0mm
室内長/3025mm -185mm
室内幅/1580mm -10mm
室内高/1285mm -115mm 

ボディサイズ的にはアルファード30系後期型と同じぐらいの大きさですが、車高が低くおさえられているのが3代目日産エルグランドの特徴です。

通常の荷室奥行きではアルファード30系後期型よりも若干長いので荷物スペース的には余裕があります。

3列シートは3代目後期型のアルファード30系が跳ね上げ式タイプに対し、エルグランド3代目E52型は床下に格納する方法になっています。

この格納方式のおかげで荷室の最小幅がアルファードよりも横に広く使うことができますね。

ただ車内の高さはやはり車高の差が出ていて、115mmもアルファードのほうが頭上空間にゆとりがあります。

ラゲッジスペースの横が圧迫されることなくフルフラットな空間にできるので、アルファードの3列目跳ね上げ式がどうしても苦手な人には最適な車種と言えますね。

 

ホンダオデッセイ5代目(RC型)の内装内寸スペック

ホンダ オデッセイ 5代目

引用 https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

大きさ・内寸 アルファード30系後期型との差
全長/4840mm -110mm
全幅/1820mm -30mm
全高/1685mm -150mm
ホイールベース/2900mm -100mm
室内長/2935mm -275mm
室内幅/1560mm -30mm
室内高/1305mm -95mm 

今回紹介するミニバンの中で最も車高が低くスポーティなデザインなのがホンダオデッセイ5代目の特徴です。

アルファードやエルグランドよりももっとも車高を低いデザインが好きな人にはイチオシの国産ミニバンになります。

ボディサイズ的にはE52型エルグランドや30系アルファードよりも一回り小さい大きさになりますね。
通常時のラゲッジスペースの奥行きは30系アルファード後期型の倍以上あります。

ただ、室内長は275mmアルファードよりも短いのでセカンドシートやサードシートのゆとりは狭くなっています。

頭上スペースも室内高が1305mmとアルファード30系の1400mmに対し約10cm近く低いのでアルファードに試乗した後にアルファードに試乗すると圧迫感をどうしても感じてしまいます。

メルセデスベンツVクラス3代目・日産エルグランド3代目・アルファード30系3代目の3列目はスライドしますが、オデッセイ5代目にはスライド機構がないのが残念なポイントです。

 

トヨタアルファード30系後期型の競合車に劣る点

  • 車高が高いのでデザインのバランスが悪い
  • 跳ね上げ式タイプの3列目なのでリアゲート付近の幅が狭い

 

トヨタアルファード30系後期型の競合車に勝る点

  • 車高が高いので競合車よりも頭上スペースが圧倒的に広い
  • 内装のゴージャスさ
  • 3列目にもスライド機構があり頭上スペースにもゆとりがある

引用 https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファード30系 後期型 内装内寸と競合車比較のまとめ

今回は、3代目アルファード30系後期型を競合車の内寸スペックと比較してみました。

高級ミニバンの中でも室内高を1400mmも確保できているのはアルファードだけというのが、ライバル車種たちに対しての強いメリットと言えます。

頭上スペースにゆとりある空間があると圧迫感がなくなるので、より癒やしのある車内を実現するために貢献しているわけですね。

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-トヨタ
-, , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.