Trend HQ

外車国産車の新型・カーライフ情報ブログ

VW ビートル

VW新型ビートルは次期型で4ドアEVとして登場!2022年以降にデビュー?

更新日:

スポンサーリンク

VWザ・ビートルが2019年に日本での販売が終了するということで、ファンの方はガックシと肩を落としたことでしょう。
「もう新しいビートルは出ないのか。」
「あの個性的でファニーなビートルには会えないのか。」
なんて思ったかもしれませんが諦めないでください!
次期型のビートル新型はEV(電気自動車)で復活するかもしれません!!

フルモデルチェンジして登場するのはまだ先のことですが現段階の情報をチェックしたので見ていきましょう!

 

次期新型ビートルはEVで登場?

ビートル新型ではついに100%EVとして登場する可能性がでてきました。

フォルクスワーゲンは電気自動車のためのMEBプラットフォームを新世代のゴルフやクロスオーバー、ワーゲンバスだけでなくビートルにも採用するということです。

ボディサイズやユーティリティーの面では、ゴルフのEVモデルにあたるIDハッチバックに近い大きさになると予測されています。

 

スポンサーリンク

 

2ドアでなく4ドアで復活?

完全な電気自動車として復活をするのではと言われているフォルクスワーゲンビートルですが、現行型のような2ドアコンパクトカーではなく、4ドアコンパクトカーとして登場すると囁かれています。

4ドアに移行する理由としてはVWの設計責任者クラウス・ビショフ氏によると「ビートルの2ドアクーペは非常に魅力的だがニッチな層に人気なだけに売れる量には限りがある。」ということで日常での使い勝手が良い4ドアに変えるとのこと。

確かに4ドアで登場すれば、後席へのアクセスが格段に向上し、シートを「よっこいしょ!」と倒して後部座席に友人が乗ってもらう必要が無くなってきて利便性がいいですよね。

それに子供が1人だけという家族であれば、4ドアになることでファミリーユースにも使用しやすくなるというメリットがあります。

ドアの開き方としては海外メディアのAutocarのスケッチ画像だとドアが観音開きになるようなデザインで描かれています。

まだ構想段階ですが、ビートルらしいフォルムを残しつつ先進的な4ドアになることに期待です。

 

登場時期は2022年以降を予想

新型ビートルEVの登場は、まだ先のことになり東京モーターショー2017で登場したID.BUZZマイクロバスが2022年に登場と言われており、その前に2019年前半にEV仕様のハッチバック(ゴルフEV)がデビュー、2022年以降にIDCrozz(クロスオーバークーペ)などが登場すると予想されているので、同時期かその後に新ビートルもデビューするのではと思います。

現段階では次世代ビートルに関しての情報は、デザインスケッチがすで完成しているというところらしいです。

 

現行型は2019年に日本国内販売終了

フォルクスワーゲンザビートルは残念ながら日本での販売を2019年に販売終了します。

日本での人気は高く、カスタムモデルが多く存在し老若男女関係なくその独特なキャラクターに一目惚れしたという人が多い外車コンパクトカーです。

日本での販売終了が告知され、ビートルファンからしてみたらもう新しいビートルは出ないのかと言う残念な気持ちもあるでしょう。

噂に上がっているビートルの電気自動車が発売されるまで2〜3年の期間があくので、熱烈なファンからしてみたら待ち遠しいばかりです。

参照・出典
https://www.autocar.co.uk/
https://www.autoguide.com/

【関連記事】
MINI初の100%電気自動車!新型EV ミニE発売は2019年?航続距離は?

スポンサーリンク

この記事に共感していただけたら、また当ブログに来て頂けるとうれしいです。読んでくれる方が一人でも増えることで更新していくやる気になります!
メールアドレスを記入して購読することで更新を見逃すことがありません。

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはどれがよいかご自由にお選びください。」

-VOLKSWAGEN
-, , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.