メルセデスベンツ Gクラス

ベンツGクラス新型2019の発売時期・スペック情報!初のモデルチェンジ

更新日:

スポンサーリンク

初のモデルチェンジですっ!
Mercedes Benz Gクラス 2019年モデルが2018年6月6日にも日本で発表されました!

このモデルチェンジにより外観のデザインコンセプトは初代を引き継ぎつつも中身は先進装備が
盛り込まれた高級SUVになっています。
気になる新型Gクラス 2019年モデルの性能などを見ていきましょうっ!!!

 

Gクラス 初のモデルチェンジ!

メルセデス・ベンツGクラスは1979年の登場以来からあまり見た目が変わらないロングセラーモデルです。
ただ今回の初めてのモデルチェンジとなったわけですが外観は大きく変化はないですね。

2019年モデルとして登場する新型は見た目よりも内装や装備などが主に進化しました!
なので、モデルチェンジしても今までのかっこいい外車クロカンのイメージを引き継いでいます。

そして実用性が大きく向上する他に豪華なインテリアになりよりいっそう高級SUVの貫禄が増しました!

 

スポンサーリンク

 

見た目で変わったポイントは?

エクステリアですぐ変わったとわかるのがヘッドライトです!!

じゃっかんジープラングラー新型(JL)のヘッドライトにデザインが似ているのが気になりますがモダンな雰囲気になっていますね!

あとは分かりにくいですが全長と全幅が大きくなっています。
カクカクしたクロカンのデザインでさらにボディサイズが大きくなる事で迫力がアップしています。

メルセデスベンツGクラス2019年モデル

 

後部座席のスペースが格段にアップ!

ベンツGクラス新型のモデルチェンジで注目されているポイントは車内スペースが大きく向上したことです。

全長にして53mm長くなり、車幅は121mm広くなっています。
これはボディの全長が伸びたこと幅が広がったことが理由ですね!

特に後部座席は足元の広さが150mmも拡大されています。

ちょっと大柄な人が乗って少しフロントシートが後ろに倒れていると膝前のスペースが狭かったですからね。
新型ではそういう窮屈な思いが減りそうです。

前モデルとして比較した車内の広さ

フロントシート
足元の広さ +38mm
肩周りの広さ +38mm
肘周りの広さ +68mm

リアシート
足元の広さ +150mm
肩周りの広さ +27mm
肘周りの広さ +56mm

 

オフロード性能は?

Gクラスといえばクロカンとしてのスペックも高い外車SUVですが新型モデルには新しい走行モードが搭載されました。

それは「Gモード」と呼ばれるモードで荒れた路面を走る時に最適なギアシフトを制御してくれオフロード走破性を高めてくれる走行システムです。

それに加えて最低地上高が+6mmで241mmになっています。
そして、渡河水深性能は+99mmで701mmになっています。

さらにオフロード対障害角度も

  • アプローチアングルで+1°の31°
  • ランプブレークオーバーアングルで+1°の26°
  • デパーチャーアングルで+1°の30°

という数値になっています。

ベンツGクラス新型のオフロード走行

 

フロントが独立懸架式に!

ベンツGクラス新型のオフロード走行

そしてオフロード性能の高いリジッドアクスル式コイルスプリングをフロントに搭載してきたGクラスですが
新型2019年モデルでは、ダブルウィッシュボーン式の独立懸架になります。

リジットアクスル式にから独懸になったことでトラクションの低下が無いのか気になりますがそれを補うためにオフロード走行用の「Gモード」を搭載したのでしょうね。

独立懸架にしたことで足回りの剛性が上がりオンロードでの走行性能を向上させてきています。

実際にGクラスを購入する人の多くが街中や舗装路で走るのが一般的ですから実用的な面でも使い勝手が向上しています。

ボディサイズが大きくなりながらもGクラスはダイエットされて170kgも軽量化されているのでオンロードでの機敏な走りができそうです。

 

内装も超豪華・先進装備が搭載!

ベンツGクラス新型の内装

内装も直立したコンソールは今までのGクラスと同じですが素材やデザインが豪華になっています!

ベンツGクラス新型の内装

 

Gクラス 2019年モデル エンジンスペック

2019年モデルの新型Gクラスにまず搭載されるエンジンは

「G550」にV8ツインターボの4.0リッターガソリンエンジンが採用されます。
最高出力は422ps(416hp)で最大トルクは610Nm(450lb-ft)になります。

このG550の後に続いて「G350d」がラインナップに追加されるようです。

  • 「AMG G63」
    V8 4.0Lツインターボ
    最高出力/585ps
    最大トルク/850Nm

 

日本では2018年6月6日登場!

気になる新型Gクラスの発売時期ですが本国ドイツでは2018年夏頃から納車が始まるそうです。

日本発売は2018年内とのことで秋頃から年末にかけて登場するという感じでしょうか。

 

発売価格は?

ドイツでの発売価格はG550で約1450万円です。(2018年1月24日時点)
日本発売価格は1562万円とあまり変わらない価格になっています。

 

メルセデスベンツG-class 2019年モデル まとめ

40年近くモデルチェンジをしていなかったメルセデス ベンツGクラスですが初のモデルチェンジで更に「高級感」「使い勝手」が向上しました。

日本ではオフロードをGクラスで走るという場面が少ないですがそれだけのスペックを持っている車だということです。

JEEPラングラー次期新型が2018年秋に日本発売?価格・装備スペック集

復活!ランドローバー ディフェンダー新型が2018年発売?スペックは?

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-MERCEDES BENZ
-, , , , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.