Trend HQ

外車国産車の新型・カーライフ情報ブログ

BMW 3シリーズ 2019

BMW3シリーズ新型G20は2018年10月発表!PHVは2019年秋に登場予定

更新日:

スポンサーリンク

BMW 3シリーズ 2019新型モデルは2019年に欧州で発売になる予定です。
発表は2018年10月と噂されています!
「新型 3シリーズ 」の外観デザインはますますシャープでスタイリッシュなフロントデザインになる感じですね。
セダンとは思えないほど、精悍なフロントマスクでますますファンが増えそうな予感です。

BMWの他のシリーズもヘッドランプはシャープな感じになるようですね。
あくまで噂ですがここまでコンセプトデザインが出来ているということは、デザイン的にはこの方向性が強いのかな。
次世代のBMW3シリーズはエンジンではPHVモデルもラインナップされることが期待されているだけにファンは待ち遠しいです。
装備面では運転席のデジタル化になるようで、ヘッドアップディスプレイなどの電子制御系の装備が増えるということです。
ヘッドランプもフルLED化されて、運転支援システムも搭載されてますます快適な外車セダンライフが遅れそうですね。
気になる外車情報、BMW3シリーズ新型モデルについて調査してみました。

 

BMW 3シリーズ 新型モデルはどんな感じ?

BMWはエンジンの新設計に力を入れているようで、新型BMW3シリーズにはガソリンエンジンの他にディーゼルエンジン以外にもPHV(プラグインハイブリッド)やマイルドハイブリッド・EVを搭載するというのはほぼ確実らしいです。

将来的にはより短い時間で充電でき、長い距離を走れるEVモデルの搭載、マイルドハイブリッドの全ラインナップも視野に入れているみたいですね。
デザイン的には近未来を思わせるような精悍なデザインながらも威厳を感じさせる印象はさすがBMWと言った感じでしょう。

新型3シリーズ(コードネームはG20)はライバルのベンツCクラスやジャガーXEなどに対抗するために材料面でも高品質な素材を試みているようで人気シリーズだけにかなり力を入れているみたいです。

これからの次世代の外車はこういうエッジの効いたデザインが主流になってくるのかな?
より流れるようなルーフラインのSUVやセダン、クロスオーバーが人気を集めているからね。

BMW3シリーズで搭載される予定の装備は次期新型5シリーズにも活かされるということなので、BMWもいろいろと試行錯誤しているのが感じられる1台になりそうですよ。

次期型の公式画像公開は夏に公開予定で、2018年10月のパリモーターショーにて初公開となる予定です。

 

スポンサーリンク

 

新型3シリーズG20は先進装備が盛り沢山?

新型の3シリーズの内装の装備ではデジタル化がかなり進む予定のようですね。

運転席のヘッドアップディスプレイは人間工学に基づいて設計され、ジェスチャーの認識やズームやワイプコマンドでコントロールするという感じになるということです。

駐車場に止める時などの運転アシストもついており、運転に不安だと言う人にもおすすめの外車ですね。
渋滞を知らせてくれる機能や自動運転システムも搭載される可能性が高いのでますます人気のセダンになりそうです。

タコメーターもデジタル表示になり、ジェスチャーコントロールや自立運転支援システム(高速道路などの一定の条件下の道路で追い越し・ブレーキ・車線変更)も盛り込まれるようです。
ライバルのベンツやアウディに負けじと先進技術を盛り込んで対抗するようですね。

自動運転支援システムはソフトウェアの向上により、約65km/h以下でブレーキの制御、カーブ、車線変更、追い越しを半自律で運転できようです。

 

ボディサイズ

  • 全長/4705mm
  • 全幅/1800mm
  • 全高/1440mm
  • ホイールベース/2830mm

新型3シリーズは全長で60mm、ホイールベースで20mmの延長になりそうです。

G20をベースに展開されるモデル

  • セダン
  • リムジン(中国市場向けのロングホイールベースモデル)
  • ツーリング(ステーションワゴン)
  • 4ドアクーペ
  • 4ドアハードトップコンバーチブル
  • 3シリーズGT
  • 4シリーズグランクーペ

 

G20 エンジンラインナップ PHV・MHV登場!

新型BMW 3シリーズに搭載されるエンジンは3気筒と4気筒、6気筒エンジンの可能性が高いとみられています。
そして3.0Lモデルにはウォーターインジェクション式のターボチャージエンジンを搭載するようです。

PHVモデルはMINI クロスオーバーPHEVと同じシステムの3気筒の1.5リッターガソリンエンジン(最高出力136psと最大トルク220Nm)と2.0リッターエンジンに90kWのモーターが組み合わされたモデルが出るようですね。

さらに3シリーズで初のディーゼルのM3が登場するという情報もあります。

  • 直列3気筒1.5Lガソリンエンジン(最高出力136ps)
  • 直列3気筒1.5Lガソリンエンジン+プラグインハイブリッド(システム出力260hp)
  • 直列4気筒2.0Lガソリンエンジン(最高出力204hp)
  • 直列4気筒2.0Lガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッド
  • 直列6気筒3.0Lガソリンエンジン(最高出力375hp)
  • 直列6気筒3.0Lガソリンエンジン+マイルドハイブリッド (最高出力500ps)
  • 直列4気筒2.0Lディーゼルターボエンジン(最高出力150hp)
  • 直列4気筒2.0Lディーゼルターボエンジン(最高出力204hp)
  • 直列4気筒2.0Lディーゼルターボエンジン(最高出力231hp)
  • 直列6気筒3.0Lディーゼルエンジン(最高出力320hp)
  • 直列6気筒3.0Lディーゼルエンジン M3(最高出力462hp)

新型3シリーズ PHV登場は2019年9月予定?

3シリーズ新型(G20)で期待されているPHVの登場は2019年秋ごろが濃厚そうです。
プラグインハイブリッドモデルが登場する前にマイルドハイブリッド(モーター出力15kW・モータートルク20Nm)が発売されると思われます。

初のプラグインハイブリッドモデルだけに日本のファンの方も注目です。
PHVのモーター出力は最高230hpになります。

PHV以外にも2モーター式のEVモデルは2021年以降の登場と見られています。

 

ウォーターインジェクションとは?

ウォーターインジェクション

通常のガソリンエンジンは燃料のガソリンをエンジンを駆動させる燃料に使用するだけでなく、ガソリンの一部を高回転域で冷却のために使われます。

これはエンジンが過熱されすぎないようにするためです。
エンジンの過剰な熱を冷ますために、追加の燃料を蒸発させて熱を冷却するという仕組みです。

でもウォーターインジェクションターボでは、ガソリンを使うのではなく、水を冷却のために使います!
燃料に着火する前に、ごく微量の水を吸気ダクト内に噴霧して蒸発。
その水が蒸発した気化熱で効果的にエンジンを冷却できるという仕組みです。

このウォーターインジェクションにより、効率的な燃焼につながり燃費だけでなく出力やトルクを向上させるために大きく貢献するのです。

気になるのは水を噴霧してサビが起きないの?ってことですが、完全に蒸発させて排出ガスといっしょに排出するという仕組みになっているから大丈夫なんですね。

画像出典 http://www.carmagazine.co.uk/ http://www.bmwblog.com/ http://www.carmagazine.co.uk/ http://www.autoexpress.co.uk/

 

M3モデル(G80)はマイルドハイブリッド搭載で2020年に登場?4WD仕様もあり?

BMW3シリーズ

次期3シリーズのM3モデルには3.0Lエンジンに48Vマイルドハイブリッドが組み合わされて搭載されるようです!
最高出力は約500ps(493hp)で最大トルク約600Nm(442lb・ft)になると言われています。

ボディタイプとしてはM3ツーリング(ステーションワゴン)も登場するようです。
そしてBMWと言えばFRというイメージがありますが、M3用として初となる4WDオプションが追加されるのではという話もあがっています。

 

発表は2018年10月パリモーターショーにて!

新型3シリーズはパリモーターショーにて登場するようです。
モーターショーでの発表後、早ければ2018年末には欧州での発売が始まる可能性もありますね。

 

BMW3シリーズ新型モデルのまとめ

motor1ではかーなり完成度が高い新型3シリーズのレンダリングがアップされています!!
これはかなりスマートですねっ!!!

残念ながら価格まではわからなかったですが、エントリーモデルでも400万円を超えてくる設定になりそうですね。
発売が2019年ということで今から、どんなスペック・デザインになるのか楽しみな外車です。

テスト走行もドイツで始まったようなのでBMW3シリーズ新型の新しいじょうほうが入り次第、随時アップしていきます。

 

2019年に正式デビュー!

BMW 3シリーズ 2019

気になるBMW3シリーズですが、2018年にコンセプトモデルが発表される可能性があります。

新型発表スケジュールとしては2019年にセダンとステーションワゴン(ツーリング)、2020年にクーペ(G22)とコンバーチブル(G23)・M3(G20)がデビューするようですね。

トヨタ スープラが新型で復活!2018年発売で全てBMW製!スペックは?

次期新型クラウン情報!

レクサスES新型は2018年冬に日本で発売?GSの後継車として国内投入?

参照元
http://www.bosch-presse.de/pressportal/de/en/bosch-water-injection-59778.html

http://www.bosch.co.jp/press/group-1608-05/

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-BMW
-, , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.