キャンプにおすすめ 国産SUV 2018年度版

キャンプで活躍する国産SUVランキング2018年度Best5!性能比較まとめ

投稿日:

スポンサーリンク

今回は「キャンプ」で活躍してくれる性能・装備を持ったおすすめの国産SUVをランキングでご紹介しますね。
最近ではキャンプ場やリゾート地・河川敷などでのレジャーを楽しむ需要が増えてきて一層SUVが注目されています。

家族や友人たちといっしょに出かけるアウトドアではグッズ以外にも移動に使うクルマも重要になります。
頼りになる4WDを搭載したSUVなら未舗装路でもグイグイ走ってくれる心強さがあります。
そんなおすすめの国産SUVのランキングをさっそく見ていきましょう!!

 

欲しい車を安く買う裏ワザ

キャンプにおすすめSUVランキング第5位 ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル 外観 画像

第5位はホンダ ヴェゼル!!

コンパクトなボディとスタイリッシュな外観がとても人気!
外観だけでなく内装もシンプルでモダンに仕上げられたクオリティーは満足がいくレベル。

ホンダ ヴェゼル 内装 画像

ホンダ ヴェゼル 内装 画像

ホンダ ヴェゼル 内装 画像

後部座席の広さは快適とはいかないものの大人4人が十分座ってワイワイ言いながらアウトドアに出かけるユーティリティーを備えているパッケージングは抜群!

ホンダ ヴェゼル 内装 画像 ホンダ ヴェゼル 内装 画像

上記画像は177cm・27.5cmのスニーカーを履いている自分ですがそれでも足元に適度なスペースがあります。

シートの座面もボディがコンパクトな割には大きめなのでしっかりと体を支えてくれますよっ。

ホンダ ヴェゼル 内装 画像

コンパクトSUVの中でも居住性はトップクラスなので、あまり大きな車を運転したくないと思う方には最適な大きさも魅力。

トヨタ C-HR 外観

そしてライバルのトヨタC-HRではハイブリッドモデルで4WDがラインナップされていないのに対してヴェゼルにはハイブリッドグレードでも4WDを選ぶことができます。

ホンダ ヴェゼル ラゲッジルーム 画像

ラゲッジスペースもコンパクトカーなのに奥行きがけっこうあるし、幅も高さも申し分なしの広さ。
これだけの広さならキャンプ用だけと言わずに小型のファミリーカーとしても使えるユーティリティーがあるのはいいですね〜。

エンジンもハイブリッドなら1.5リッターで税金も安いし維持するにもそこまでキツくないのもポイントです。

走りも軽快なので運転する楽しさがありますね。
燃費も良くて荷物が積めるコンパクトSUVならホンダ ヴェゼルは外せないクルマですよ!

万人受けする外観デザインなら家族や友人にも嫌な顔されずにすみます。

荒れたオフロードを走るほどのクロカン性能はまったくないけど、整備されたリゾート地やキャンプ場・スキー場につかう範囲なら何ら問題なく大活躍してくれますよ!

スポンサーリンク

 

キャンプにおすすめSUVランキング第4位 スズキ クロスビー

スズキ クロスビー 画像

第4位はスズキ クロスビー

見た目からしてキャンプに適したコンパクトカーですよね!!

外観だけでなく意外と本格的なオフロードのちょっとこなせる性能があるって知ってましたか?
クロスビーにはグリップコントロールとヒルディセントコントロールが搭載されていて急な斜面を上り下りするときには安心して運転することができます。

グリップコントロールとヒルディセントコントロールの先進4WDシステムにより、あなたはハンドル操作に集中することができます。

おまけにボディも小さいので小回りがきくし、スポーツモードやスノーモードといった走行モードを備えているので小石がある未舗装の道でも気持ちよく走ることが可能!

走りの性能も凄いですがこのクロスビーの良いところは後部座席の広さ!!
大人でも余裕の膝前のスペースがあります。

スズキ クロスビー 内装 画像

スズキ クロスビー 内装 画像

スズキ クロスビー 内装 画像

子供が乗るのにも十分な広さがあります。

登山靴を履くために後部座席で前に体をかたむけても余裕で履き替えられるスペースがある!
車内でアウトドアウェアを着るときにも活躍する車内スペースは最高!

ただ後部座席の広さとは反対にラゲッジスペースは少し小さめなのがデメリット。

スズキ クロスビー 画像

後部座席が165mmスライドすることで広くはなるものの、テントとキャンプ用のテーブル・椅子4つも詰めばいっぱいになる感じ。

ロッジやペンションに泊まる場合ならバックパック(30L〜40L)4人分ぐらいならトランクと後部座席にも積むことができる。

クーラーボックスやシートなどは後部座席の足元に乗せるようなカタチになるぐらいの大きさ。

荷室の下には深めの荷物入れも完備!

スズキ クロスビー 内装 画像

たくさん荷物を持っていかずにアウトドア散策を楽しむ程度なら、まったくもって大丈夫な広さですね!

あとはソロキャンプや渓流釣りに行く程度なら、申し分なく活躍してくれるラゲッジスペースがある。
4人のキャンプ道具をフルに積むのは厳しいけど、一人分ならたくさん積んでも余裕があるぐらい。

ラゲッジルームの床面は汚れても掃除しやすい素材になっているからジャンジャン荷物を気兼ねなく積むことができるのも最高!

ラゲッジスペースや走り以外にもエンジンがマイルドハイブリッドなので燃費の面でも心配なくドライブすることができるのは本当に良いところ!

だけどクロスビーの一番の魅力はなんと言ってもかわいい丸めの外観!
この見た目に一目惚れして購入したというオーナーさんがたくさんいますよ!

 

キャンプにおすすめSUVランキング第3位 スバルXV

スバル XV 外観 画像

第3位はスバルXV

XVはハッチバックとSUVの中間のクロスオーバーSUVになるクルマ。

他のSUVと比較すると高さが少し低めなので余計にスタイリッシュでかっこよく見えるのが良いところ。

高さが低いのに最低地上高は200mmもあるんです!
そのおかげでさらにスタイリッシュで力強いボディラインが出来上がっているわけなんですよ!!

じゃぁ、背が低くて最低地上高も高いなら車内スペースはすっごく狭いんじゃないのって思いますが、そうじゃありませんっ!

運転席に座るとスバルらしいスポーティでかつ洗練されたデザインのコックピットが待ち受けているし、窮屈な思いはしません。

スバル XV 内装 画像

ただ後部座席に座ると177cmの僕の場合だと、正直頭上のスペースが狭いですね。
拳が一個入るかどうかぐらいの余裕です。

頭上スペースは狭くても足元や膝前のゆとりはある感じ。

スバル XV 内装 画像

高さはあまり余裕がないけど、奥行きがあるのでテント・テーブルセット・クーラーボックス・椅子4脚程度なら問題なく積めるレベル。

それにクロスオーバーSUVでもスバルの四駆性能を活かした「X-MODE」があるから悪路での走りや下り坂でも一定の速度で下ることが可能

そして、ラゲッジルーム・走りの性能とのともにスバルが誇る先進安全システムが搭載されていることもポイント。

アイサイトは衝突被害軽減ブレーキが対車両・対歩行者にも対応しているし、高速道路で大活躍するクルーズコントロールは全車速追従式、おまけに安全運転支援システム(前方発進抑制・後方誤発進抑制・先行車発進通知・オートハイビーム・車線逸脱警報)などてんこ盛りで搭載されているのが安心なところ。

駆動方式も全グレードで4WDだけとスバルらしい割り切ったラインナップ。

スバル XV 内装 画像

ちなみに「X-MODE」は1.6iを除いて他のグレード全てに標準装備となっているのでお忘れなく。

本格SUV風のテイストに仕上げられたクロスオーバーだけど、本格的な4WD性能を持っているのがXV。
価格も200万円前半からラインナップされているので、手の届きやすい国産SUVですよ!!

 

キャンプにおすすめSUVランキング第2位 スバル フォレスター

スバル フォレスター 外観 画像

第2位はスバル フォレスター!!

もはやアウトドアに行くときの定番の国産SUVでしょう!

手頃な価格でハイパフォーマンスな走行性能を搭載しているうえに荷物も十分積めるので、本当にキャンプに行くならお世話になるクルマでしょう。

見た目も力強いSUVらしいスタイリングは所有する喜びもありますからいいですよ。

スバル フォレスター 内装 画像

新型モデルとなってさらに洗練された顔つきになり、内装もスタイリッシュなデザインになりました。

コンパクトではボディサイズだけど日本で乗るのには扱いやすい大きさなので、女性でも気兼ねなく乗れちゃうのもいいですね。

インテリアの細かいところにアウトドアに出かけたくなるようなデザインアクセントが施してあり、週末に出かけたくなるよう気分にさせてくれますね。

スバル フォレスター トランク 画像

ラゲッジルームは汚れても掃除しやすい素材でできているので、アウトドアでは使い勝手が良いですよ。

ラゲッジルームの入口も段差がないフラットな構造になっているから、キャンプ用品やクーラーボックスなどを下ろすときに引っかからずにスッと下ろせるのが地味だけど本当に使える構造になっているからイイです!

XVよりもさらに奥行きの長さがあるからキャンプ用品をガッツリ積むことができます。

スバル フォレスター 内装 画像

運転席周りはスポーティだけどシックな面持ちもあるから、大人の男性でも満足がいくクオリティー。

むしろ大人の男性が遊びに出かけたくなるようなパッケージングになっているのがいい。

スバル フォレスター 内装 画像

「X-Break」だとインテリアの各所にオレンジステッチやオレンジパネルが取り付けられていて、シートも撥水ファブリックと合成皮革のコンビシートになっているのでおしゃれに見える。

キャンプに持っていくアウトドアグッズとのデザインの相性も抜群で、キャンプ用品をたくさん積んだラゲッジルームの写真を撮ってインスタにあげてもそれなりに絵になる雰囲気もあるのが抜群!

後部座席の広さもロングドライブでも疲れにくい座り心地で広さも余裕があるつくりに。

スバル フォレスター 内装 画像

スバル フォレスター 内装 画像

スバル フォレスター 内装 画像

それにキャンプだけでなく雪道でスバルの4WDの本領が発揮されるので、冬になっても安心して走れますね。

もちろんスバルの先進安全装備「アイサイト」も搭載されているから、キャンプ場に行く時帰るときにも安心してドライブを楽しみながら運転できる。

未舗装路だけでなく高速道路でも抜群の安定性があって、本当になんでもかんでも使える性能を詰め込んだのがこのスバル フォレスターと言えますね!

 

キャンプにおすすめSUVランキング第1位 日産エクストレイル

日産 エクストレイル 外観 画像

第1位は日産エクストレイルです!

先進システム「プロパイロット」を搭載するほかにも、3列シートを備えているので7人乗りも可能な国産SUV!

見た目も都会的でありながらアウトドアでもどんどん使えるキャッチコピー通りのタフギアですよ。

ボディサイズは4690mmでそこまで大きくないけど荷物がしっかりと詰め込むことができる大きさになっていますね。

外観の若々しいデザインはもちろんのこと、インテリアは特別斬新なデザインもしくはスタイリッシュとは言えないけど、逆にオーソドックスで嫌味がないのが特徴的。

日産 エクストレイル 内装 画像

日産 エクストレイル 内装 画像

日産 エクストレイル 内装 画像

後部座席の広さも大人の男性でも膝前・頭上・足元ともに余裕のあるサイズ。

日産 エクストレイル 内装 画像

日産 エクストレイル 内装 画像

3列目は大人が乗るというよりは子供が乗るといった感じの広さなので、非常用と割り切って使うほうがいいかもしれないスペース。

「20X」グレードには足を車体リアの下部分にかざすだけでトランクゲートを開けることができる「電動テールゲート」が標準装備。

テントやクーラーボックス・椅子・テーブルなどを積み下ろしするときにはラクにできるのでぜひとも使いたい装備ですよ。

日産 エクストレイル トランク 画像

ラゲッジルームは汚れが落ちやすい素材やファブリックモデルもあり、広さはテント・バックパック・テーブル・クーラーボックス・椅子4脚ていどは積める大きさになっています。

テールゲートの入口下部分がフラットになっているので女性が荷物を積み下ろしする際にも作業がしやすいつくりになっていますよ。

最近では女子だけでキャンプに行くこともあるので、エクストレイルなら友達も荷物も乗せて、女性が運転できるボディサイズでもあります。

ハイブリッドなら燃費もいいのでガソリン代もお得にリゾート地やキャンプ場に行くことができます。

特別仕様車「20Xi」だと先進安全装備(プロパイロット・車線逸脱警報・全車速追従式クルーズコントロール・アラウンドビューモニター・前方誤発進抑制・後方誤発進抑制・オートハイビーム・車線逸脱警報・標識認識)が標準装備になるので、安全に目的地までいきたいならおすすめのグレードです。

オプションでデュアルカーペットという装備あるんですが、これを使うと消臭機能付きのカーペットとラバーマットを分けることができるようになっています。

他にもドリンクホルダーにはエアコンの吹出口がついていて保温と保冷ができる機能があります。

キャンプに行くときにペットボトルを持っていくのはほぼ当たり前になるので保温・保冷できる機能があるのは使う側からすればありがたい機能。

オプションにはクイックコンフォートシートヒーターが付いているので寒い季節の冷えが気になるならつけておきたい装備です。

他の車種に比べてモデルが最終型になってきたので少し古い感じもありますが、全体的にキャンプや日常での使い勝手のバランスが整ったモデルが日産エクストレイルと言えます!!!

 

キャンプにおすすめSUVランキング2018年度 まとめ

以上、今回はキャンプに乗っていくときにおすすめの国産SUVランキングをお届けしました。

キャンプに使えるということは他のレジャーにも万能に使えるSUVなのでファミリーカーとしても使えるクルマたちです。

アウトドアに出かけるのに使いやすいクルマ選びに迷ったときの参考にしてみてくださいね。

【希望の未使用車・中古車探しはコチラ!】

新車よりも価格が安くて年式の新しいクルマを探しているなら「未使用車」も狙い目です!
値段や装備内容・年式・走行距離を比べながら、欲しい車を探してみてください。

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-おすすめ車情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.