外車 国産車などの自動車情報、プロテインダイエット情報発信メディア

Trend HQ

外車ベンツ

知ってる?自動車ローンの組み方!負担が少ないのは残クレ?通常ローン?

更新日:

自動車ローンについて一緒に考えてみませんか?新車購入時に迷うのが「通常のローン」「残価設定クレジット(残クレ)」じゃないですか?過去にボクは残クレで新車を購入したことがありますが、通常のローンでもよかったかななんて後で思っちゃいますね。

あなたも損しないカーローンを組むために通常のローンと残クレの特徴をよく覚えておきましょうね!

 

スポンサーリンク


 

そのローンの組み方で損してない?計算してみよう!

自動車は高いですし、なかなか現金一括では難しいですよね。そんなときに助けになるのがローンですね。

しかし、選び方を失敗してしまうと大きな損をしてしまう可能性があります。

種類によっても利息の支払額など大きく違ってきますので注意が必要です。賢く選ぶためにも計算をしてみてどのくらいかかるのかを把握しておきましょう。

利息や総支払額をシミュレーションできるサイトがあるのでそうしたサイトを利用すると簡単に計算できます。

 

通常ローンの特徴

昔は、自動車の販売店やディーラーを介して信販会社と契約するのが一般的でしたが、最近だと銀行や信用金庫、JA、信販会社、損保などでも契約できるようになり選択肢が増えています。

自動車のローンは一般的なものよりも低金利で条件がよいものが多いです。

低金利の場合は審査が厳しめで、金利が高い場合は審査が緩い傾向にあります。基本的には購入した車の名義は自分のものとなり、譲渡や買い替えも自由にできます。

 

スポンサーリンク


 

 

残価設定ローン(残クレ)の特徴

購入した車の3年から5年後の下取り額が割引された価格で設定されるローンのことをいいます。

下取り時の残価を設定して組むことで月々の支払額を抑えてお得に新車に乗ることができます。

3〜5年が経過して支払いが終わったら、設定された価格で下取りにだす、残価を支払って買取をする、車を返却するのいずれかを選択することになります。

月々の返済が少ないので負担が少なく新車の乗れるのが最大のメリットですが、デメリットもあります。

まず、走行距離が設定よりも多ければ追加料金が発生します。また、事故で傷や凹みがあった場合も同様に追加料金が請求されます。

状態がひどい場合には引き取りを拒否されるケースもあります。

あとは返済期間が満了しても車の名義は販売会社にあるので、自分の車という感覚が得にくいのもデメリットです。
そしてローンの金利が残価にもかかってきます。

最近はローンの残価に金利がかからない新しい車の買い方もありますね。

ディーラーにとっては3年〜5年後に状態のいい中古車が手に入り、新車の乗り換えで新しい車が売れるのでメリットも大きく積極的に勧めてくることも多いです。

 

無理のないローンの組み方が重要!

車を所有する場合、駐車場代や車検代、ガソリン代など本体車両以外にも様々な経費がかかります。

ローン以外にもお金がかかることを前提に無理のない支払額で組むようにしましょうね。

ディーラーのいいなりになってしまうと、ディーラーにとってうまみがある残価設定ローンを勧められることもあるので、事前に自分で各金融機関などのローンを比較しておきましょう。
こちらもご覧くださいね⇒車を買う時の交渉術

スポンサーリンク



いつもシェア・ご覧頂きありがとうございます。

-
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2017 All Rights Reserved.