Trend HQ

外車国産車の新型・カーライフ情報ブログ

カーシェアリング

もしカーシェアリング中に事故したら…?入っておきたい補償サービス

更新日:

スポンサーリンク

最近では「車は持つモノ」から「シェアして乗る」という考えが増えてきています。
若い世代の車離れや交通機関が充実している市街地では不要なこと、それに駐車場などの維持費がかかるという点もありカーシェアリングがどんどん普及してきています。

そのカーシェアリングを使用している最中に万が一事故を起こした場合はどうなるのかチェックしてみたので見てみましょう!

 

カーシェアリング中に事故を起こすとどうなる?

車を運転するときに一番怖いことは事故が起きることですよね。
カーシェアリングをしている最中に事故が発生したら、

まず警察に連絡する

次に会員専用のフリーダイヤルに連絡を入れます。

連絡を受けた保険会社は、会員に過失があったら会社から相手の方へ連絡を入れてくれるという仕組みなので、会員はとにかくシャアリング会社に任せればいいというワケです。

そして気になる補償ですが、基本的に対人や対物、車両や人身傷害がついているのでそのまま適用を受けることになります。
ただし、適用不可であったり金額に上限が存在する場合もあるのでそこは要注意ですね。

そしてトラブルの解決に向けて協力的ではないなど、違反行為があれば会員資格が取り消しになるうえ、車両の修理費用が実費で請求されますのでトラブルを起こさないように気をつけることはもちろん必要ですよ。

さらに違反行為などがあれば、ペナルティ料金が別途課せられることも!!
しかし、だからといって事前に自動車保険に入ることまではしなくても大丈夫です。

料金に基本の保険は含まれていますし、カーシェアリング会社独自のオプション補償サービスがあるので、不安だからと別途検討する必要はないので安心してください。

 

必ず知っておくべき保険補償適用範囲!

カーシェアリングの適用範囲は各社によって微妙に違いがあります。
種類に関してはたいてい一緒ですが、上限などが違うのでよく見ておかなければなりません。

タイムズカーシェア

例えばタイムズカーシェアでは次のように設定されています。

タイムズカーシェア

対人:1名につき 無制限 (自賠責 3千万円を含む)
対物:1回につき 無制限 (対物免責額 0円)
車両:1回につき 時価額 (車両免責額 0円)
人身傷害:1名につき 無制限
自動車事故による搭乗者のケガ:運転者の過失割合に関係なく、損害額を補償 限度額無制限

オリックスカーシェア

オリックスカーシェアの場合は以下のようになっています。

オリックスカーシェア

対人:1名につき 無制限 (自賠責含む。免責0円)
対物:1回につき 無制限 (対物免責額 0円)
車両:1回につき 時価額 (車両免責額 0円)
人身傷害:1名につき 3,000万円まで

カレコ

そしてカレコの場合は以下の通りです。

カレコ

対人:1名につき 無制限 
対物:1回につき 無制限 (対物免責額 0円)
車両:1回につき 時価額 (車両免責額 0円)
人身傷害:1名につき 6,000万円まで(無保険車傷害2億円)

 

もうお分かりですよね。
一番違うのは人身傷害の部分で上限額に違いが出ています。

この保険は基本の料金に含まれているタイプのものであり、追加オプションではありません。

さらに適用されなかった場合も細かく規定されているので、一応見ておきましょうね。

【適用除外】となるのは予約した人以外が運転したときに起きたトラブルや、故意だと判断されたトラブル、警察で事故証明を取得できなかった場合や酒気帯び運転などです。

 

覚えておきたいペナルティ料金!

ペナルティ料金はトラブルによって車両を損傷してしまった時などに課せられる料金です。
修理費用や営業補償として利用者が支払う必要があり、数万円単位で課せられるのでなるべく避けたいところ。

タイムズカープラスの場合は次のように規定されています。

タイムズカープラス

事故時:自走可能な場合は20,000円 、自走不可の場合は50,000万円
忘れ物:実費+2万円
汚損:実費+2万円
紛失:実費(キー関連は+2万円)
乗り捨て:実費+2万円+延長料金(降雪が理由の場合は25,000円)
バッテリーあがり:実費
混油:実費+2万円
車両内破損:実費+2万円
破損:実費

 

一方、オリックスカーシェアの場合は請求金額と内容共に違いがあります。

オリックスカーシェア

忘れ物:5,000円+実費
車両の汚損 (嘔吐物・喫煙・その他異臭):50,000円
上記以外の車両の汚損 :8,000円
正しく駐車していない:6,000円
消灯忘れ:8,000円+10,000円(バッテリー交換の場合のみ)
駐車券取り間違え:10,000円
備品紛失:20,000円+実費
車両の放置:実費相当額×300%

 

ではカレコの場合を見てみましょう。

カレコ

事故:自走可能な場合は20,000円 、自走不可の場合は50,000万円
シェアカーのサービスを停止した場合:20,000円
緊急出動を要した場合::8,000円/回+実費
駐車違反金:放置違反金相当額、および駐車違反違約金25,000円
違反金:50,000円

このように各社により規定が違っていますが、よく見るとおおよその内容は同じになることはなります。
例えばカレコのシェアカーサービスを停止した場合ですが、タイムズカーシェアやオリックスカーシェアの忘れ物や汚損などがこれに値します。

 

入っておきたい補償サービス!

ペナルティ料金は高額なので、簡単に利用料金よりも高い金額を支払う羽目になってしまいます。

僕だったら「安いから使っているのにこれじゃ怖くて使えない!」と思います。

そんな人のために用意されているのがオプションのサポートサービスです。利用する前に加入しておけば、料金が免除になります。

例えばタイムズカーシェアだと、加入料金である1回の利用ごとに309円さえ支払えば、以下のペナルティ料金が免除になります。

免除項目

・事故
・タイヤのパンク(破損)
・バッテリーあがり
・キーのインロック
・ガス欠
・搬送(レッカー等)費用

これ、運転していれば誰でもよく起きがちなことですよね。
しかも、何人もの人が使いまわすカーシェアリングの車両だと、絶対に起きやすいと思われるようなことも含まれています。

オプションの料金は安いので、高額な料金を支払うハメにならないためにも入っておくことをおすすめします。

詳細は各サービスサイトで確認してみてください。

カレコ

タイムズカープラス

オリックスカーシェア

【関連記事】

若葉マークの学生もカーシェア使わなきゃ損!4年間月額無料でお得すぎっ!

貯金に余裕があるなら車は現金一括購入がベスト!ローンを選ぶ利点は?

乗らないけど愛車を手放せない!それならレンタカー登録でお小遣い稼ぎ

外車の買取見積り価格ランキング! 売る時に一括・下取り査定が高い車は?

スポンサーリンク

この記事に共感していただけたら、また当ブログに来て頂けるとうれしいです。読んでくれる方が一人でも増えることで更新していくやる気になります!
メールアドレスを記入して購読することで更新を見逃すことがありません。

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはどれがよいかご自由にお選びください。」

-カーシェアリング
-

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.