愛犬

愛犬の車酔い対策!予防にはドライブ出発前の準備がもっとも重要!

投稿日:

スポンサーリンク

かわいいワンちゃんとお出かけする際に気になるのが「車酔い」じゃないですか?
特に普段は近所だけの散歩をしているのに、初めて車に乗るときなんかはウチの愛犬も変に興奮して、落ち着きがとにかくなかったのを覚えています。

飼い主としては、ワンちゃんの表情をよく見て「もしかして酔っている?」と気遣ってあげることが重要です。
ボクの父親が運転している車の中でいきなり愛犬に足元で吐かれて、買ったばかりのお気に入りのアディダス スーパースターが嘔吐物にまみれてしまったことを今でも思い出します。
あなたもそうならないために、車でお出かけの前にしっかりと対策をしておくことをおすすめします!

 

愛犬が車酔いする原因は?

せっかくの愛犬との楽しいドライブ、ワンちゃんが体調を崩してしまわないように予防・対処してあげることが本当に大切です。

では、なぜ車酔いしてしまうのでしょうか?
その原因はいくつかあるようです。

原因となる事

・車のニオイ
・車内の揺れ
・エンジン音
・心理的要因
・食べてすぐに車に乗る

基本的に人間と同じで、平衡感覚や三半規管が刺激されることで起こるといわれています。
しかも犬はもっと感覚が敏感です。
そのため、ドライブの前には車酔い対策をする必要があります。

一度嫌な思いをしてしまうと、心理的要因で車に乗るたび酔ってしまう可能性がありますから、きちんと対処してあげることが大切です。

また人間のように感情を言葉で伝えることができないので、表情や行動を見て判断してあげることも重要ですね。

ちなみに、ワンちゃんの車酔いで多い症状は、「大量のよだれ」「震え」「落ち着きがない」「あくび」「心細く鳴く」「吠える」「嘔吐」などが挙げられます。

嘔吐は人間でも多い症状ですね。
もっとも分かりやすい症状のひとつですね。

もし嘔吐した場合、吐くことで脱水症状の恐れも出てきます。

ただ必ずしも嘔吐するとは限らないので、大量のよだれや震えなどから判断するようにすると良いでしょう。

しばらく前にうちの犬がドライブ中に見せた症状は「震え」でした。
いつも大人しく乗っているので慣れてると思っていたのに、突然のことに妻と「早くなんとかしなきゃ!」って焦ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

車酔いになった犬の応急処置は?

車酔いになったら、すぐに応急処置をしてあげることが大切です。
下手をすると車に乗ることに恐怖心を覚える可能性があります。

そうならないように、応急処置をして症状を改善してあげましょう。

すぐにできる方法としては、「車から出て気分転換させてあげる」ことです。
外を少し歩かせてあげるだけでも気分が良くなります。

また車内の換気も大切。
一番良いのは窓にペットフェンスを取り付け、窓を開けながら走行することです。

常に換気ができるので酔いにくくなるでしょう。
でもそれができない場合は、こまめに休憩をして休ませてあげること。

そして酔ったと思ったら気分転換させてあげてくださいね。これがすぐにできる応急処置になります。
万が一嘔吐してしまった場合でも、慌てず対処を。

この対処法は人間と似ていますね。

他にも「トイレシート」や「ビニール袋」などを用意して対策しておくと便利でいいですよ。
酔いやすいワンちゃんの場合は、あらかじめペットシートを敷いておくと安心ですね。

また、犬用の酔い止め薬を用意してあげましょう。

効果は個体差がありますが、酔いやすいワンちゃんにはおすすめ。
車に慣れてくると酔いにくくなりますが、準備しておくと万が一のときに助かります。

 

愛犬の車酔いを防ぐ方法

症状が出た時の対処法だけでなく、事前にきちんと予防してあげることも大切ですね。

特に長距離のドライブはしっかり対策を練ること。
もちろんワンちゃんの体調にもよるので必ずしも酔わないとは断言できませんが、対策をしてあげるのとそうでないのとではずいぶん違います。

予防法

・乗車2〜3時間前に食事を済ませる!
・こまめに休憩する!(1時間おきぐらい)
・ケージやバッグを固定して揺れを最小限に!
・安全運転を心がける!

基本的に、ドライブ前の食事はNGです。
どちらかと言えばワンちゃんは車に酔いやすい体質なので注意しましょう。

しかしまったく食事を摂らせないでいるのも酔う原因になりますので、乗車2〜3時間前には食事を済ませてあげましょう。
特に長距離のドライブは早めに食事を済ませることが大切ですね。

短距離の場合は、目的地に着いてから食べさせるのでもOKです。
休憩中は換気をし、外の空気を吸わせてあげるのも対策になります。

ドッグランが併設されているサービスエリアもありますので、マナーを守りつつ利用してみてくださいね。

病院は、なるべく徒歩か自転車が良いですね。
というのも、ワンちゃんにとって病院は苦手な場所であるため、車に乗る=病院へ行くと認識し酔ってしまう可能性があるからです。

一生車に乗ってくれなくなる可能性もありますので、よほど遠くない限り病院へは徒歩もしくは自転車で行くようにしましょう。
車は、静粛性の高いものを。

難しい場合は揺れを極力防ぎ、急ブレーキや急停車は絶対に避けましょう。

またきちんとケージやバッグによりワンコの体を固定させたり、犬用シートベルトを着用してあげることも大切ですね。

 

犬の車酔い防止グッズはある?

酔いやすいワンちゃんは、酔い止めなどを使用すると安心です。
また万が一酔ったときでも、そういったグッズがあると改善できます。

近年いろんな商品が出ていますが、サプリメントが一番摂りやすいですね。
ハッピートラベラーソフトチュウズ」は、天然ハーブを使ったワンちゃんの酔いに効くサプリメント。
必ずしもどの犬にも効くわけではないですが、持っていないよりはマシです。

おやつタイプで与えやすく、ハーブなのでリラックス効果もあります。
効果が出るまでに個体差がありますが、大体20〜30分前に与えるのが良いとでしょう。

カーロップ」も、ワンちゃんの酔い止め薬として効果があります。
シロップタイプで、個体差はあるものの症状を改善することができます。

他にもオーガニックドライブアロマもおすすめ。
アロママッサージオイルで、アロマを手のひらで温めてから首〜尾の付け根〜毛並みに沿って撫でるようにマッサージしてあげることで症状を改善できます。

ホホバオイルをベースに、ジンジャー・ペパーミントをブレンドしているのでリラックス効果もあります。

愛犬と気持ちよくドライブを楽しむために、快適な空間をつくってお出かけしてみてください。

買うならボルボXC60!世界が認める安全性と最高評価のプレミアムSUV

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-ペットとドライブ

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.