外車 小型2ドア コンパクトカー 輸入車 フィアット 500 チンクエチェント

フィアット500新型は電気自動車で2020年発売!ガソリンモデルは終了?

投稿日:

かわいくておしゃれな外車コンパクトカー代表と言ってもいいフィアット500も遂に新型で100%電気自動車へと進化するようです。

発売時期は欧州で2020年という噂があがっています。フィアットの中でも大人気モデルの大改革とあり開発にかなり力を入れているようです。

フィアット500も遂に100%電気自動車へ

時代の流れを考えるとフィアット500が新型でEV(電気自動車)になることは必然の流れと言っていいでしょう。

航続距離やシステム出力などの詳しいスペックは明らかになっていませんが、電気自動車モデル用の新しいプラットフォームを採用するようになります。

新型モデルになるとは言え、次期型は今までの500(チンクエチェント)と同じサイズとデザインコンセプトで設計されるようです。

新しくなってデザインが残念だったということにはなりそうにないですね。

フィアット500がEVになってどう変わる?

おしゃれ,女子,外車,コンパクト,フィアット500

出典 http://www.fiat.com/

フィアット500の魅力と言えば0.9Lの2気筒エンジンのバイクのようなトコトコとした音が独特で気に入っているオーナーさんも多いようですが電気自動車になると独特の乗り味が楽しめなくなりますね。

ただ実際に僕も奥さんの車を購入するときにフィアット500を試乗したときにアイドリングストップがどうしても馴染めず、意外と不評があるということなのでEVになることでその不満はなくなるのかなと思います。

それに低排気量ならではの非力な部分も電気自動車になればトルクが太くなるので扱いやすくなるのではないでしょうか。

EVモデルは現在のガソリンモデルよりも割高な値段設定になるようで、お得感があったフィアット500ですが次期新型ではすこし価格がアップすると思っていていいでしょう。

まだEVシステムのスペックなども不明なのでどのくらいの距離が航続可能なのかわかりませんが、300km以上は走ってほしいものです。

大容量バッテリーを搭載することで重量があがるので軽快な走りがどれだけ維持されるのかも気になるうえに、小さいボディだけにそこまで大容量のバッテリーは搭載できないようにも思えます。

フィアットが開発するEVがどれほどのスペックを持って登場するのか今から楽しみです。

 

ガソリンモデルは終了?

フィアット500新型が100%電気自動車になって登場するということで、気になるのがガソリンモデルはもう販売終了になるのかということです。

実はEVは発売開始になってもガソリンモデルはリーズナブルなモデルとして併売するとみられています。

EVモデルがプレミアムグレードになり、エントリーグレードがガソリンモデルになるという感じです。

なのでEVがどうしても馴染めないという人にはガソリンエンジンモデルを選ぶという選択肢も残っています。

ただ2021年以降の将来的にはガソリンモデルは無くなっていくのではと予想しています。

 

フィアット500新型2020年モデルのまとめ

オシャレ,街,似合う,車,外車,コンパクトカー,フィアット,500

外車コンパクトカーの人気のフィアット500新型が電気自動車となって2020年発売になるという情報をお届けしました。

EVモデルが登場してもガソリンモデルはしばらく併売されるので、選択肢が広がります。

トコトコ走るチンクエチェントが好きというファンもいますがEVになることで、全く違ったおしゃれ外車コンパクトカーになりそうです。

日本だけでなく世界も人気の高いフィアット500が次期型でどう進化するのか、また情報が入り次第追記していきます。

画像出展 FIAT

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-FIAT
-, , , , , , , , ,

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.