ホンダ WR-V

フィットクロスオーバーWR-V新型が次期モデルチェンジで日本登場か!

投稿日:

スポンサーリンク

新型フィットにフルモデルチェンジと同時にクロスオーバーモデルが追加されるようです。
クロスオーバーSUVは最近では人気が高いので、ホンダの売れ筋車種であるフィットにもラインナップするようです。

ハイブリッドも刷新されて新たにモデルが追加される可能性があるということでさっそく「FITクロスオーバー(WR-V)」について最新情報をもとにリサーチしてみました。

 

フィット新型にクロスオーバーモデル登場の噂

フルモデルチェンジでハイブリッドが新しくなるのと同時にラインナップに「クロスオーバー」モデルが追加されるようです。

インドとブラジルではすでに「WR-V」というクロスオーバーSUVの見た目になったモデルが販売開始がされています。

世界だけでなく日本でもSUV・クロスオーバー人気が高いのでホンダも次期フルモデルチェンジを機に、派生系のフィットクロスオーバーを登場させる狙いがあります。

 

スポンサーリンク

 

フィットクロスオーバー新型の登場時期は2019年秋頃

FITのフルモデルチェンジが2019年秋と予想されていて、この同時期にフィットクロスオーバーも発表になるとおもわれます。

ちょうど、東京モーターショー2019が開催される時期でもあるので、モーターショーで新型を見ることができるかもしれませんね。

そして秋に発表後、年末に発売というスケジュールになりそうな感じです。

 

新型フィットクロスオーバーの見た目予想

ホンダ シビック フロント

当たり前ながら見た目は新型フィットと同じになるでしょう。

ヘッドライトはシビックのような多連型のデザインになり、フロントグリルも横一閃にクロムラインで装飾されてスリムな印象になることが予想できます。

現行型よりもフルモデルチェンジにより、スタイリッシュ感が強くアピールされた顔つきになり、カッコいい大衆的なコンパクトクロスオーバーSUVとなってくれそうです。

 

フィットクロスオーバーも2モーター式ハイブリッド搭載

ホンダ i-MMD ハイブリッド

フィット新型に2モーター式のi-MMDハイブリッドが採用されることで、必然的にクロスオーバーにも搭載されることとなります。

ライバルのトヨタではすでに採用している2モーター式にすることで燃費を向上させることができます。

そしてコンパクトカーでライバルとなる新型ヤリス(ヴィッツ)にもクロスオーバーでハイブリッドが登場する話があるので、対抗するために2モーター式を採用することは当たり前でしょうね。

特に燃費に関しては買う側からすれば大きなポイントになるので、ホンダの開発陣も気合が入っていることでしょう。

ホンダ i-MMD ハイブリッド

運転するときには応答性がアップするのでドライブするときの楽しさがあり、排気量が上のモデルに匹敵する太いトルクは力強くスムーズな走行性能を体感することができます。

応答性の良い走りだと運転でのストレスも少なくてイイのが嬉しいポイントです。

 

フィットクロスオーバー新型(WR-V)の燃費

ホンダ i-MMD

2モーター式i-MMDのハイブリッドシステムになることで燃費が向上しますが、ではどのくらいまで伸びるのでしょうか?

新型フィットでは41〜45km/L(JC08モード)までカタログ燃費が上がると予想されています。

クロスオーバーになることで車重が若干重くなることを考えると40km/Lあたりのカタログ燃費になるのではと思います。

2018年10月から導入されるWLTPではもっと実燃費に近い数値になってくるので、そちらでのスペックも気になるところです。

 

ボディ寸法(予想)

  • 全長/4000mm
  • 全幅/1725mm
  • 全高/1540mm
  • ホイールベース/2560mm

ボディサイズは日本での使用を考えると全高は立体駐車場にも入る1550mmよりも下に抑えた寸法になるでしょう。

全幅が5ナンバーサイズの基準内で登場するどうかまだ不明ですが、アクアクロスオーバーは1700mmを超えていますし、SUV風味の味付けにするには外装にフェンダーパーツが装着されて1700mm以上の幅になることでしょう。

 

新型フィットクロスオーバーのパワートレイン

  • 排気量/直列3気筒1Lターボガソリンエンジン
  • 最高出力/90ps
  • 最大トルク/150Nm
  • トランスミッション/CVT

上記のパワートレインはFIT新型に採用されるエンジンですが、この他にも可能性があるのが1.5Lのハイブリッドエンジンになります。

クロスオーバーモデルだけに力強い走りがウリとなるので、ハッチバックモデルよりもパワフルなエンジンが採用される可能性もあるということです。

 

【装備】次世代のインターナビ搭載

ホンダ インターナビ

インターナビとは通常のナビでは伝えることのできない気象・渋滞・災害・安否情報を独自の通信システムで知らせてくれるナビになります。

通信費は無料でルート検索や出発到着時刻を調べてくれたり、目的地近くの駐車場も探してくれる便利機能です。

有料版の場合にはオートルートや音声案内などが追加される仕組みになっています。

他にも最速で目的地まで着きたいと思うなら最短ルートの検索、道幅が大きくて右左折を少なく目的地まで行けるルート検索、ETC割引を思いっきり活用して安く目的地まで到着できるルートを検索してくれます。

新型に搭載される頃には、次世代モデルのインターナビになることが予想できます。

 

WR-Vの性能情報(海外仕様現行型)

ホンダ WR-V

  • 全長/3999mm
  • 全幅/1734mm
  • 全高/1601mm
  • ホイールベース/2555mm
  • エンジン/
    1.2Lガソリン(最高出力90/6000rpm・最大トルク110Nm/4800rpm)
    1.5Lディーゼル(最高出力100/3600rpm・最大トルク200Nm/1750rpm)

 

WR-Vの海外での評判

ホンダ WR-V 内装

現行型のWR-Vの評判はどうなのかチェックしてみました。

  • 燃費が優れていて、インテリアが広々としている。
  • 内装と外観のスタイリングが気に入って購入を決めた。
  • ディーゼルエンジンモデルにはもう少しパワーが欲しいところ。
  • ガソリンモデルのトランスミッションにCVTを追加してほしい。
  • オフロードは無理だけど舗装がされていない道路でも最低地上高が188mmあるので、余裕で走れる。
  • ホンダ ジャズ(フィット)と同じ後部座席だが、非常に広く視点が高くなっているので広々感がある。
  • 燃費がもう少し良いと助かる。
  • ホンダ・ジャズ(フィット)よりも乗り心地が良いと思える。

 

新型フィットクロスオーバーの競合車種

トヨタ アクアクロスオーバー

新型フィットクロスオーバーの競合車種となるモデルは「トヨタ アクアクロスオーバー」「ヤリス(ヴィッツ)クロスオーバー新型」「日産ジューク新型」「トヨタCH-R」などでしょう

まだ発売されてもいない新型ヤリスを除いては、どれも人気車種で特に購入するときの大きな決め手は「燃費性能」なので、2モーター式ハイブリッドの燃費が最低でも40km/L以上という目標はクリアしないとより魅力的なクロスオーバーSUVとは言えそうにないですね。

 

フィットクロスオーバー新型の予想発売価格

発売価格の予想としてはアクアクロスオーバーよりも少し安めの約190〜200万ほどで登場すると予想しています。

200万円以上となるといくらクロスオーバーモデルとは言え、お値打ち感が少なくなると思うので、200万円以下で発売するのではないでしょうか。

新型フィットクロスオーバー(WR-V)に関してはまた新しい情報が入り次第、追記していきますのでまたご覧ください。

引用 https://toyota.jp/  https://www.honda.co.jp/  https://www.hondacarindia.com/

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-ホンダ
-, , , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.