外車 国産車などの自動車情報、プロテインダイエット情報発信メディア

Trend HQ

ポテトを食べる男性

ダイエット

あなたの血管がボロボロに!糖尿病と太る原因にもなる早食いの危険性

更新日:

ごはんを5分ほどで食べるなんて当たり前ってあなた!!
太る原因を自ら作ってますよ!!!
しかも、肥満だけでなく、糖尿病や高血圧、脂肪肝、動脈硬化などの生活習慣病とも隣合わせかもしれません。そうなるとダイエットどうこうではなくなります。

 

スポンサーリンク


 

早く「早食い」を止めないと後々悲惨なことになりかねないですよ。

焦って食べても何もいいことはありません。

しっかりと食事を味わって、よく噛んで食べることは体に良いことばかりです。

よく噛んで食べることは肥満予防にもなる太らない食事法とも言えます。
太る原因は脂肪が溜まりやすい生活習慣だということです。

早食いのせいでなりやすい病気をまとめてみました。
自分が「早食い」だと思うなら、ぜひゆっくりよく噛んで食事をするようにしましょう!

photo credit: Caught in the Act via photopin (license)

早食いがなぜ危険なのか?

痩せの大食いという言葉もありますが、これは外見はスリムでも内臓脂肪が付いている場合もあります。
早食いをすると、必然的に食べ過ぎを引き起こしてしまいます。

「それはなぜか?」満腹感が得られないからです!!

「なぜ満腹感を得ることができないのか?」それは満腹中枢をよく刺激できていないからです。

満腹中枢を刺激するには「胃の膨張感」「血糖値の上昇」「噛む」の三つがポイントとなってきます。
早食いでよく噛んで食べないと「噛む」という要因で満腹中枢を刺激することができません。

すると、満腹感を得ることができないのでまた食べます。
そしてまたまた食べます。

その後はどうなるかというと、食べ物で「胃が膨張」、早食いによって血糖値が急上昇する。

これにより、ようやく満腹感を得る事ができます。
早食いは食べ過ぎを引き起こします。

早食いと食べ過ぎは血糖値の急上昇を引き起こします。
この時、インスリンが大量に分泌されます。

うまく消費されなかった糖分は脂肪に変わって蓄積されます。

脂肪が蓄積され続けることで太る原因になります。

そしてそのような生活習慣はやがて「肥満」の原因になります。肥満になると「生活習慣病」の原因になります。

たかが「早食い」ですが、毎日繰り返した結果、体には大きな負担となって返ってくるのです。

早食いは肥満だけでなく、逆流性食道炎などの胸焼けの症状も引き起こす原因ともなるので注意しましょう!

というか、ぼくは早食いなので逆流性食道炎によくなってました。

早食い逆流性食道炎になったと言う人はコチラを参考にしてみてください↓

逆流性食道炎や胃のムカムカ早く治す胸焼けに効く市販薬は?

 

早食いによって脂肪が増加するとなりやすい病気は?血管がボロボロになる危険性?

早食いによってもたらされた脂肪は、あなたの体を着実に悪影響を及ぼします。

脂肪が少なすぎるのも健康には良く有りませんが、有りすぎると様々な病気の原因となってしまいます。

肥満によってなりやすい病気

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂肪肝
  • 高脂血症
  • 動脈硬化
  • 腎疾患

自分は痩せているから大丈夫と思わないでください。

痩せていても、早食いによって血糖値が急上昇してインスリンが大量に分泌されます。

 

スポンサーリンク


 

この現象を繰り返すのがよくないんです。
血糖値が上がるとインスリンが出て血糖値を正常値に戻してくれます。

これは当たり前のことです。

ですが血糖値が急上昇し、インスリンが大量に分泌されて血糖値が急激に下がる現象を「グルコーススパイク」と言います。

これを繰り返しているとインスリンを出す膵臓が疲れてきてインスリンがでなくなります。

そればかりか、このグルコーススパイクによって、あなたの血管は内側からボロボロになってしまいます。

糖分が高い血はドロドロになっています。血管は緩んだり縮んだりして血液を送り出します。

高血糖によってドロドロになってしまった血は酸化ストレスを引き起こします。
酸化ストレスが血管の細胞に損傷を与えるということです。

それにより血管がボロボロになるというわけです。

そうなってしまうと「糖尿病」になります。糖尿病になってしまうと、食事制限や運動をしたり、血糖値の管理も大変です。
僕の父親が「糖尿病」なので、近くであの辛さを痛感しています。

それと同時に自分も糖尿病になりやすい素質をもっています。(ある意味サラブレッド)なので、早食いは太る原因にもなりますが、もっと怖いのが生活習慣病のほうです。

 

脂肪を溜めない食事法はどうやる?

早食い,太る原因,肥満,脂肪,糖尿病

もうこの答えは単純過ぎます!

ゆっくり、よく噛んで食べる!!

はっきり言ってこれにつきます。

良く噛むことで満腹中枢をしっかりと刺激してあげてください。

すると食べ過ぎを予防してくれます。食べ過ぎるの防ぐと脂肪が溜まりにくい食習慣になります。

太りにくい食習慣を身に付けると生活習慣病を恐れることもありません。
人間の体は食べ物・食べ方によって作られています。

お昼のランチを食べる時は時間が無いからと言って口に食べ物を搔き込むのではなく。
ゆっくりよーーく噛んで食べましょう。

始めは汁物と野菜から食べるのも太りにくい体にするポイントですよ。

 

早食いについて、さいごにまとめ!!

早食いは脂肪を溜めやすい体を作り上げてしまいます。

脂肪が体に蓄積されると生活習慣病になりやすくなります。
生活習慣病になると生活の質が著しく下がります。

そんな生活にならないためにも、「早食い」を止めて「ゆっくり良く噛んで食べる」習慣にしていきましょう。

そうすることで自然と太る原因を気にすることもなくなるでしょう。

ちなみに太る原因として、食べる時間もとっても超重要なポイントなってきます。

興味がある方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。↓
ダイエット中でも3時のおやつは脂肪がつきにくい?太りやすい時間は?

【こちらもおすすめ!】

危険!!朝食抜きは脂肪肝の原因!隠れ肥満になる間違いな食べ方とは?

職場でのおやつに超おすすめ!食感がもっちもちiherbヘルシースナック!

ダイエット中でも3時のおやつは脂肪がつきにくい?太りやすい時間は?

肝臓が弱ると疲れる?肝機能障害改善に良いマリアアザミサプリとは?

摂取カロリーを減らすだけのダイエットは失敗する!栄養バランスが痩せる秘訣!

危ない!ダイエットでリバウンドを繰り返すと脂肪が燃えにくい体に…。

スポンサーリンク



いつもシェア・ご覧頂きありがとうございます。

-ダイエット
-, , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2017 All Rights Reserved.