フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

VW IDネオは2019年後半発売!航続距離は最高600km!性能まとめ

更新日:

フォルクスワーゲンからコンセプトカーで発表された「I.D」であるEVハッチバックの正式名称は「IDネオ」で進めるようです。

発表は2019年に入ってからと予測されており発売も2019年末までには行われるのではと言われている。気になるフォルクスワーゲンの次世代EVIDネオの性能をチェックしてみた。

eゴルフの次期後継車I.Dネオ

フォルクスワーゲンのEVと言えばeゴルフだがその後継車というか次世代のコンパクトハッチバックモデルとして「I.Dネオ」が登場。デザインも近未来的で今までのゴルフのようなデザインから一新した見た目になる。

外観だけでなく内装もテスラのEVのようなスッキリとしたデザインになり車の新時代が本格的に始まったと思えるような外観になる。車というよりもスマホのようなガジェットと同じような使い方になりAIやコンピューター制御がほとんどを占めるようになり過去の車のあり方そのものが大きく変わるクルマになるのがIDネオになる。

フォルクスワーゲンI.Dネオ 航続距離

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

I.Dネオの航続距離はコンセプトカー「I.D」の発表時点で400〜600kmと想定されている。搭載バッテリーは60kWh・80kWh・110kWhの3種類が用意される。モーター出力は170psになり1回の充電で400〜600kmの走行が可能になるというわけだ。ちなみにeゴルフの電動モーターの出力は136psになっているのでさらにパワフルだ。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

ただ最近の情報ではエントリーグレードで330kmの航続距離になるという話もある。新しい燃費表示のWLTPによるものだと思う。そしてミドルグレードでは400km、トップグレードで450kmが実質的な航続距離と予測もされている。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

バッテリーの充電時間は30分で80%までチャージすることが可能になっている。それと充電も電気プラグをさして充電するのではなくスマホの無接点充電のように充電ポートのチャージステーションに車を停めるだけでできる仕様になる予定。

はっきり言ってここまでいくと車が本当にスマホのような存在になり既存の車メーカーでなくてもソフトウェアやバッテリー、モーターなどの開発能力があればどんどんと参入できる市場になるというわけだ。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

だからこそトヨタの社長もいろいろと車の未来について危機感を持っているしそもそも車の魅力自体が下がって未来では車はほとんど同じようなデザインで車を持たなくても呼べば自動運転で家や目的まで運んでくれるハコにしかすぎない存在になるかもしれない。まるでPS4のデトロイトビカムヒューマンのような世界になるのも可能性が全くゼロではないと思える。話がそれたけど、フォルクスワーゲンが発売しようとする「I.D.ネオ」はそれぐらい近未来的なクルマになりそうだということ。

フォルクスワーゲンI.Dネオ ボディサイズ

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

I.Dネオはフロントのオーバーハング(前に出ている部分)がかなり短くなり、その代わりに車内のスペースが大きくなる。ホイールベースは2750mmほどこれはあくまでコンセプトカーの時点での大きさなので市販モデルでは若干の違いはあるかもしれないがほぼ同程度の大きさで出ることは間違いないだろう。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

現行型のeゴルフの全長が4265mmでホイールベースが2635mmなので車内スペースが100mm以上広くなっているのに全長は165mm近く短くなっているのだ。

より運転しやすく扱いやすいコンパクトハッチバックでありながらコンパクトカー以上の居住性があるということだ。

I.Dネオののホイールベースの長さはパサートの2790mmにかなり近いスペックになり本当に広いというのがわかる。

フォルクスワーゲンI.Dネオの内装

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

I.Dネオの内装は本当にスッキリとした見た目になる。フロアのドライブシャフトの出っ張りが無くなるほかにもフロントでは足回りの余裕が劇的に広くなり快適になる。おまけに後部座席の座面は跳ね上げ式に格納することで自転車を後部座席の足元に置くことができるという広さになるというコンセプトになっているのだ。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

しかも後部座席のドアの開け締めは従来のゴルフのようなヒンジ式ではなく乗り降りがしやすいスライド式のドアになる。これははっきり言ってコンパクトミニバンの存在を揺るがすぐらいの存在になりそう。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

使い勝手に合わせて座席のアレンジができる他に足元がフラットだし開放感のある車内なら申し分ないスペック。それに運転席も乗り降りがしやすいようにハンドルの中心に触れることでハンドルをメーターパネルの部分へと格納することが可能になっている。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

今までのクルマの概念が通用しないホンマに未来が近づいてきたって感じ。

2025年には完全自動運転が目標

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

フォルクスワーゲンはこのI.Dシリーズで2025年までには完全自動運転を目標にしている。フロントガラス自体にヘッドアップディスプレイを投影することでナビゲーションの使い勝手をさらに向上すると予想されている。

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

発表・発売時期・価格

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

気になるフォルクスワーゲンI.Dネオの発売時期は2019年末から受注開始と予想、

そして発表は2019年前半にはされるようだ。

発売価格については現行型のeゴルフよりは買いやすい値段設定になりそうだがそれでも約400万円近い値段になりそうだ。

EVのバッテリー開発技術などがさらに改善されれば買いやすい価格になるだろう。

フォルクスワーゲンI.Dネオ 情報まとめ

フォルクスワーゲン IDネオ ID NEO

日本へのI.Dネオの導入はまだまだ不明だがおそらく2020年以降になるだろう。また情報が入り次第引き続き追記していきたいと思う。

ソース https://media.vw.com  Autoshow from youtube

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-VOLKSWAGEN
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.