車 お金 ローン

車を買う時に下取りに出すのは大間違い!平均15万円も損してるのをあなたは気づいてる?

車を買い換えるときに今乗っている車をどうするか?

ディーラーや中古車屋の「下取り」に出してしまうのがほとんどですね。

でもこれは確実にあなたの愛車を安く買い取らているということになります。

言い換えれば、下取りに出すとあなたはディーラーや中古車屋から見ればネギを背負ってきた良いカモというわけです。

本来なら車は下取りに出さずに専門の中古車買い取り店に出すことで高く買い取ってもらえるというシステムがあるのに、あなたがその真実を知らないことをいいことにディーラーは下取り値を安く買い取っているということです。

本来なら、愛車を売るときに多くの買い取り専門店に見積もりをとることで買い取り価格を競争させて釣り上げて、より高値で売ることができます。

実際に僕もネットでの一括査定に申し込むことで好きな車の購入資金ができました。

ディーラーでは100万円という買い取り値が一括査定だと140万円だったのです。

本当に本当に下取りに出さなくてよかったと思いましたね。

実際に僕が使った一括査定はこちら↓

 

ちなみにディーラーで車を購入するときに値引相場はある程度決まっているんです。

知ってましたか?

ディーラーで下取りすると売れるまで店頭で飾って販売するうえにコストもかかりますし売れないと日々買い取った車の相場価格は下がります。

だからディーラーが下取りではあなたの車を高く買取ると売れにくい車種だと損をする可能性もでてきます。

だから高く買取るなんてしません。

下取りに車を出すとディーラーは下取り価格を低くして値引き額を大きくするというテクニックを使います。

でもそれでも欲しい車の購入資金に予算が足らないケースもありますよね?

そこで車の買い取り一括査定に出してディーラーの下取りよりも高く買い取ってもらうわけです。

例えば九州にあなたが住んでいて、4WDのSUVをディーラーで下取りに出すと九州や沖縄の中古車相場を判断して値段がつけられます。

九州や沖縄だと4WDのSUVの需要が少ないので全体の平均よりも低い可能性もあります。

4WDの需要が高いのは雪国です。

4WDのSUVを売るとなると雪国のほうが得ということです。

地元のディーラーでは買い取り価格の差がでる可能性がありますが全国ネットワークのある自動車買取店だと日本のどこで売ろうが全国ネットワークがあるので全国均一の価格で買い取りをすることが可能になります。

つぎに実際にディーラーでの下取りの例を挙げると

300万円の車が欲しい!でも値引してもらっても280万円が限界と営業マンは言います。

でもあなたの予算は250万円しかありません。

差額は30万円。

どうしましょうか?

そこでもうこれ以上値引が難しいと思って混乱するよりも「一括査定」にあなたの愛車を出すことでディーラーの下取りよりも高く買い取って貰えばいいだけなんです。

とても簡単です。

実際に何社も買い取り価格を見積もってもらいに実店舗に行くのは手間と気力を使います。

でもネットなら簡単に10社に買い取り値の見積もりがとれるんです。

申し込みも1分もかからずにできます。

なので行動した人がだけが得するようになっているというわけです。

とにかく高く売りたいなら一括査定の「かんたん車査定ガイド」が手っ取り早く簡単で高く売れます。

それに見積もりは無料です。

詳しいお申込みは公式サイトから↓

そこに気づくか気づかないかの差で数十万円の違いが出てきます。

しかも人生でそう何度もない車の購入です。

ぜひ後悔しないように役立つ無料査定サービスを活用してみてください。

更新日:

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.