レガシィ セダン

新型レガシィセダン2019年4月登場?次期型に2.4Lターボエンジン搭載?

更新日:

スポンサーリンク

レガシィ新型セダンのテスト走行が開始され、
早ければコンセプトカーが2018年秋には発表される可能性があります。

次期型にも新世代が採用され、2019年4月には市販モデルがデビューすると予測されています。

 

新世代プラットフォーム刷新!

新型レガシィのスバルグローバルプラットフォームが採用され、XVやフォレスター新型と同じく新世代のボディを手に入れることになります。

今回スパイショットで撮られた画像では、現行型よりもシャープでスタイリッシュなボディデザインになっているようですね。

フロントからの見た目もワイドでローフォルムな顔つきになっている感じに見えますね。

フォルムはわかりますが、細かいデザインは迷彩フィルムに包まれているのでわかりませんが、最終段階手前ぐらいにはきてそうです。

伸びやかな流れるボディで大人のセダンになりそうなので、レガシィ新型は落ち着いて乗れる国産セダンを探している人にふさわしいでしょうね。

 

フォレスターに搭載した2Lマイルドハイブリッドもラインナップされる?

レガシィ次期型に期待したいのは、新型フォレスターにも採用された新型2.0リッターマイルドハイブリッドエンジンです。

これからの時代はハイブリッドが当たり前になってくるでしょうから、MHVをラインナップするのは必然的かなと思っています。

他にも次期BRZ・86に搭載されると予想されている1.8リッターターボが開発中らしいので、採用されるかどうか気になるところです。

 

新型レガシィ エンジンスペック(予想)

自動車のエンジン

  • 2.4リッターボクサー4ターボ
  • 最高出力/260hp/5600rpm
  • 最大トルク/375Nm/2000〜4800rpm

この2.4リッターターボエンジンアセントにも採用されているモデルになります。
現行型では2.5LのNAが採用されていますが、ダウンサイジングされる流れになるでしょう。

 

発表時期

新型レガシィのコンセプトカーは2018年10月開催が予定されているロスアンジェルスモーターショー2018で出展され、市販モデルが2019年4月に開催予定のニューヨークモーターショーで行われる可能性が高いです。

北米でアセントが発売され、人気のスポーツセダンであるレガシィもアセントも共通のパーツが使われることになっています。

安全装備として、ブラインドスポットモニターが採用される予定で車線変更にときには、かなり役立ってくれるシステムになります。

 

レガシィ 2020年モデル まとめ

新型モデルのアイサイトの性能についても、新世代モデルでは単眼カメラにて歩行者検知ができる機能が搭載されるという話もあるので、安全性能への信頼が高くなりそうです。

日本市場への新型レガシィの導入は2019年中旬になりそうなスケジュールになるでしょう。

参照・出典 スバル

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-スバル
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.