三菱 XR-PHEV Ⅱ

パジェロミニ新型はクロスオーバーで復活!次期型発表は2019年以降!

更新日:

スポンサーリンク

あのジムニーのライバル「三菱 パジェロミニ」の復活はある?
エクリプスクロスが好調な三菱は新型パジェロミニをフルモデルチェンジをいつするのでしょうか?

次期型はクロカンモデルからクロスオーバーSUVになり街乗りでの乗り心地を改善した軽四SUVになると予想しています。
発売時期がまだ不明ですがということで、スペックや発売価格が気になる新型三菱パジェロミニのフルモデルチェンジ情報をチェックしていきましょう!!

 

新型パジェロミニはクロスオーバーで復活?

三菱 RVR

新型パジェロミニは先代モデルやジムニーのようなクロカンスタイルの外観ではなくクロスオーバーSUVになるようです。

デザインのコンセプト的には「アウトランダー」や「RVR」「エクリプスクロス」のような顔つきが「ダイナミックシールド」と呼ばれるアグレッシブな雰囲気になると予想できます。

ただハスラーほどの個性的な見た目ではなく、今までのパジェロミニを思い起こさせるスタイリッシュなクロスオーバーになるようです。

個性的なデザインが多くなりつつある軽四のなかでは、オフロード色を全面に押し出したデザインはとても目立ちますし、かっこいいです!

それにエクリプスクロスが好評なのでクロスオーバーで三菱が攻勢を仕掛けてくるのも納得です。

 

スポンサーリンク

 

パジェロミニ新型のプラットフォームはekシリーズと共通?

三菱 ek

パジェロミニ新型は、ekシリーズ新型と同じプラットフォームを使うらしく、ラダーフレームではなくビルトインラダーフレームを採用します。

ビルトインラダーフレームのメリットとしては、ラダーフレームのような「車体の揺れ」が無くなります。
それが街中での走行を快適にしてくれるというわけです。

そして、車重も軽くできるのもポイントです。
車体が軽くなれば燃費にも貢献してくれるというわけです。

 

クロスオーバーになることで4ドア仕様に?

三菱 XR-PHEV Ⅱ

パジェロミニと言えば2ドア仕様が今までのイメージですがekワゴンと同じプラットフォームになることで4ドア仕様になります。

4ドア化による一番のメリットは何と言っても乗り降りのしやすさが格段に上がることです。

前席を「よっこいしょ!」と倒して、そのあと狭い後部座席に潜り込んでいくという苦労が無くなります。

人によっては2ドアだからこそパジェロミニはかっこよかったんだと思うかもしれませんが、毎日の暮らしで使いやすさを追求した新型になりそうです。

 

パジェロミニ新型 2019モデル ボディサイズ予想

三菱 XR-PHEV Ⅱ

ジムニーのライバルとして長年ラインナップされてきたパジェロミニですが、ボディサイス的には小さく日常生活で使うには狭い印象も否めません。

ジムニーも4代目新型になったことで、車内スペースが広がりました。

最近の軽四は車内スペースが大きくとられていることが人気のポイントでもあるので、居住空間を先代モデルよりも大きくとるためにもクロスオーバーにするメリットが出てきます。

そしてクロスオーバーだけに最低地上高もあり、2019年に登場する予定のekワゴン新型を高くしたようなイメージになると思われます。

  • 全長/3340mm
  • 全幅/1475mm
  • 全高/1670mm
  • ホイールベース/2430mm
  • 最低地上高/170mm

パジェロミニ 前モデルのスペック

パジェロミニ

  • 全長/3395mm
  • 全幅/1475mm
  • 全高/1635mm
  • ホイールベース/2315mm

前モデルの高さを見るとやはり頭上スペースの余裕は少ないですね。

実際に乗ったときの感覚も177cmの僕には頭の上の部分が少し狭い印象でした。

この頭上スペースの狭さは昔のチェロキーを思い出します(笑)

クロスオーバーになることで先代よりも巨大化して嫌だと思う人もいるでしょうが、ユーティリティーは確実に向上するでしょう。

 

【参考】三菱ekワゴンのスペック情報

三菱 ekワゴン

  • 全長/3395mm
  • 全幅/1475mm
  • 全高/1620mm
  • ホイールベース/2430mm
  • 【3気筒659ccガソリンエンジン】
    最高出力/49ps/6500rpm
    最大トルク/56Nm/5500rpm〜59Nm/5000rpm
  • 【3気筒659ccガソリンエンジン】
    最高出力/64ps/6000rpm
    最大トルク/98Nm/3000rpm
  • 燃費/21.8〜25.8km/L
  • 駆動方式/フルタイム4WD
  • ミッション/CVT

 

パジェロミニ新型の燃費

自動車のエンジン

パジェロミニはオフロードよりも街乗りでの使い勝手をメインに設計されます。
そして、気になるのは「燃費」なんですよね。

ボクの従兄弟が先代のパジェロミニに乗っているんですが、燃費が悪いんですよね〜。
乗り方にもよるんでしょうが、実燃費が8〜9km/Lなんてザラらしいですよ。

新型ではぜひハイブリッドを搭載して燃費改善してほしいところです。

同じクロスオーバーのスズキ ハスラーはカタログ燃費(JC08モード)が25.6km/L〜32.0km/Lです。

4WD(ハイブリッドモデル)では26.2km/Lと30.4km/L。

ガソリンエンジンモデルのグレード「A」では25.6km/Lと26.6km/L。

それに対してekワゴン現行型(フルタイム4WD)のカタログ燃費(JC08モード)が21.8km/L〜25.8km/Lなので、次期型では低燃費性能を向上させてリッター30kmは超える性能に期待です!

 

新型パジェロミニ エンジンスペック予想

ek エンジン

おそらく次期型にはハスラーの対抗馬としての性能をもたせるためにエンジンは自然吸気(NA)とターボの2タイプを用意してくるのではと予想できます。

パワートレインの性能も現行型ekとほぼ同等の出力を発揮するエンジンを採用してくると思われます。

  • 直列3気筒DOHC658ccガソリンエンジン
    最高出力/49ps/6500rpm
    最大トルク/56Nm/5500rpm〜59Nm/5000rpm
  • 直列3気筒DOHC658ccガソリンエンジン
    最高出力/64ps/6000rpm
    最大トルク/98Nm/3000rpm

将来的にEVもラインナップ予定か?

三菱 i-MiEV

日産と三菱の合弁会社(NMKV)による新型のEV軽自動車が2020年以降に登場すると噂されており、新型パジェロミニもその技術を後々搭載できるような設計でプラットフォームが開発される可能性があります。

これからの時代、軽自動車も電化モデルが標準となってくる可能性が普通になってきます。

i-MiEVを手がけてきた三菱が100%電化モデルで人気カテゴリーのクロスオーバーモデルの強化を図るためにEVを登場させる可能性は多いにあります。

実際に三菱も電動化するプロジェクトに軽自動車をラインナップしているので近い将来ありえることです。

それにホンダも小型EVを東京モーターショー2017にて出展しているので、これから軽自動車もEV化へと一気に方向転換するのは自然の流れでしょう。

 

パジェロミニ新型の安全装備

三菱 安全装備 e-Assist

衝突被害軽減ブレーキ「FCM

新型には「三菱e-Assist」が採用されるのは時代の流れ的に当たり前でしょう。

衝突被害軽減ブレーキ「FCM」・踏み間違い衝突防止アシスト・車線逸脱警報「LDW」・オートマチックハイビーム・後退時車両検知システム「RCTA」・先行車発進お知らせ機能・ヒルスタートアシスト・クルーズコントロールなどが搭載されると予想できます。

三菱 安全装備 e-Assist

踏み間違い衝突防止アシスト

 

 

三菱 安全装備 e-Assist

 

三菱 安全装備 e-Assist

 

三菱 安全装備 e-Assist

車線逸脱警報「LDW」

 

三菱 安全装備 e-Assist

軽自動車なので価格を抑えて販売する必要があり、全方位モニターカメラや車線逸脱運転支援システム・ブラインドスポットモニターなどはオプション扱いになる可能性があるでしょう。

軽自動車でも安全装備はほぼ標準となってきているので、普通車でも採用している安全システムを軽自動車でも全車標準装備として採用してほしいところです。

 

パジェロミニ新型のライバルはハスラーになる!

スズキ,ハスラー

今までは軽クロカンということでスズキ ジムニーとのライバル関係にありましたが、新型ではクロスオーバーモデルとして発売しクロカン好きだけでなく、アピールできるお客さんの層を広げる狙いがあります。

軽自動車のクロスオーバーモデルとして人気をおさめているのが「ハスラー」ですが、次期型ではハスラーがライバルとなってきます。

遊びゴコロあふれるデザインとパッケージングが魅力のハスラーに対して、新型パジェロミニはエクリプスクロスのようなクールでスタイリッシュなデザインで対抗してきそうです。

ハスラーのスペック

スズキ ハスラー 内装

  • 全長/3395mm
  • 全幅/1475mm
  • 全高/1665mm
  • ホイールベース/2425mm
  • エンジン
    【3気筒658ccガソリンエンジン】
    最高出力/52ps/6500rpm
    最大トルク/63Nm/4000rpm
    【3気筒659ccガソリンエンジン】
    最高出力/64ps/6000rpm
    最大トルク/95Nm/3000rpm
  • 燃費/25.6〜32.0km/L
スズキ ハスラー 内装

ハスラーの内装

ハスラーの安全装備

スズキ セーフティーサポート

軽四の中でも定評のスズキセーフティーサポートを採用するハスラーは予防安全技術が充実しています。

高級車並の安全装備とは言えませんが価格の割には欲しい装備がちゃんと揃っているのが魅力です。

スズキ セーフティーサポート

スズキ セーフティーサポート

スズキ セーフティーサポート

グレード別に安全装備の充実度が違うので、パジェロミニ新型では全車安全装備を標準化すれば差別化を図れて選ぶ価値がより上がりそうです。

 

価格は?

お金

新型パジェロミニの予想価格としてはエントリーモデルで130万円ぐらいトップグレードで180万円ほどになるのではと思います。

ライバルのハスラーと価格で比較するとグレード「A」の2WD・5MTで約110万円となり、グレード「Xターボ 2トーンルーフ仕様」にしても約172万円なので、価格勝負だとハスラーに軍配が上がりそうです。

新型パジェロミニではハスラーよりも価格が高くなると予想できるので、値段が高い分魅力的な先進技術を採用してくるでしょう。

 

OEMで日産で販売するときの名称は?

日産 キックス

海外で発売しているキックス

小型クロスオーバーSUVがパジェロミニ新型をベースに発売される可能性が出てきています。

ただ、先代パジェロミニも日産ブランドで販売していたキックス3代目は軽自動車として登場していますが、4代目はブラジル・メキシコ・中国・マレーシアにてクロスオーバーとして普通車で販売がされています。

もし新型パジェロミニが発売されたとしたら、日産でOEMで販売するとしたら3代目と同じ「キックス」ではなく、新しい名称で登場する可能性があります。

 

パジェロミニ 新型 まとめ

パジェロミニ

三菱パジェロミニが次期新型にフルモデルチェンジすることで変わるポイントをおさらいしておきましょう!!

  • クロカンではなくクロスオーバーになる!
  • 2ドア→4ドアに変更!
  • 低燃費性能があがる!
  • デザインがエクリプスのようなスタイリッシュな外観になる!

軽四のなかでも生粋のクロカン4WDと言えば、現在ではスズキ ジムニーだけになってしまいました。

売れ行きから考えると人気の高いクロスオーバーにするのは当然ですが、悪路走破性に関しても忘れずを高い性能にしてほしいところです。

画像出典 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ http://www.suzuki.co.jp/

次期新型ジムニー発売時期は2018年7月5日!先行予約殺到!値段は?
ジープ ラングラー新型は2018年日本発売?次期モデル価格やスペックは?
トヨタ新型FT-4XはFJクルーザーと何が違う?超遊べて使える小型SUV?
家族におすすめな日本未発売トヨタSUV集!後部座席が広い3列シート!
車中泊におすすめの軽四は?気楽で安い車旅に最適な軽自動車ランキング

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-三菱
-, , , , , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.