アウディ Q1 2019

コンパクトクロスオーバーSUV アウディQ1新型は2020年後半デビュー?

更新日:

スポンサーリンク

アウディでQ2よりもさらにコンパクトなクロスオーバーSUV「アウディQ1」が2020年後半に欧州で登場するかもしれません。
Q2よりも小さいサイズなので、車内のゆとりはあまり期待できませんが、運転のしやすさ・市街地での取り回しは抜群な新型車になりそうです。

日本車なら日産ジュークやCH-Rがライバルになる車でしょう!
さっそく情報をご紹介します!

 

車を下取りに出すと損する理由

A1をベースにしたクロスオーバーSUV

アウディ A1 2019

新型Q1は2018年にフルモデルチェンジされる予定のアウディA1新型をベースに開発されるクロスオーバーSUVになります。

MQBプラットフォームでアウディでラインナップされるSUVで最もコンパクトになります。
Q2よりもさらに小型になり、女性に人気が出そうなクルマになりそうです。

予想では、SUVらしいフォルムというよりはハッチバックの腰高モデルという雰囲気で登場するとみられ、立体駐車場にも駐めれる全高で登場しそうです。

スポンサーリンク

 

パワートレイン スペック(予想)

自動車のエンジン

  • 直列3気筒1.0Lターボガソリンエンジン
    最高出力90psモデルと115ps
  • 直列4気筒1.5Lターボガソリンエンジン
    最高出力155psモデル
  • 直列4気筒2.0Lターボガソリンエンジン
    最高出力209psモデル

搭載するパワートレインもフォルクスワーゲンT-Crossと共有すると見られています。
そして、これら以外にも1.6Lディーゼルターボエンジンやマイルドハイブリッドの搭載される可能性もあります。

デザイン的なインスピレーションはQ2から受けるとみられ、駆動方式も4WDと2WDになり販売の中心になるのがFFモデルになるでしょう。

A1のサイズ感でもっとアクティブに乗り回したいあなたにピッタリの外車コンパクトSUVになりそうです。

 

ボディサイズ

  • 全長/4150mm
  • 全幅/1750mm
  • 全高/1530mm
  • ホイールベース/2565mm

ボディサイズも全長がQ2の4200mmよりも小さくなり、全幅も抑えられたモデルになるでしょう。
アウディのエントリーモデルには最適の大きさですね。

 

Q1はEVで登場予定

最近の噂では、世界的にEV仕様になる流れがあることを考えてアウディはQ1を100%EVで登場させようとしているという話があります。

というのもフォルクスワーゲンで開発されたMEBプラットフォーム(電動自動車用の骨格・構造)により約4mほどの小型SUVをラインナップする可能性が強まっているからなんです。

アウディとしては2019年春に開催予定の中国モーターショーにて発表させようとしているらしい。

名前も「Q1」ではなくて「eQ1」としてデビューさせるプロジェクトもあるようなので、まんざら可能性が無いわけでもなさそうな感じですね。

アウディとしてはライバルとしてBMW i3を考えてi3よりもコストパフォーマンスに優れた車を開発することを目標にしている感じ。

BMW i3

駆動方式はモーターによる後輪駆動になり、リアルタイムに対応したナビゲーションシステムや移動計画などもサポートする先進装備が採用される予定。

 

AUDI Q1 まとめ

新型アウディQ1が登場するのが欧州で2020年となります。
日本でのデビューは2021年からになりそうですね。

世界的にコンパクトSUVの人気は高まっているうえに、メーカーもラインナップを強化してきています。
これでさらにマイルドハイブリッド搭載が確実となれば、経済的な理由でもQ1を選べるクルマとなりそうです。

画像出展 http://www.autoexpress.co.uk/audi/q1/102993/new-audi-q1-suv-set-to-arrive-in-2020

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-AUDI
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.