三菱 RVR

三菱RVR新型はPHVで2020年登場!次期ジュークと共有開発でスペックは?

更新日:

スポンサーリンク

三菱新型RVRは完全電気自動車で2020年に登場予定です!
エクリプスクロスとはキャラ違いの小型SUVになる予定です。

フルモデルチェンジで現行型よりもコンパクトになり、燃費も良いEVになれば新型RVRは売れるでしょうね!!

 

生産拠点は岡山県水島製作所!

RVRの生産が愛知県岡崎制作所から水島製作所に移されたことにより、三菱のこれから登場するEV(電気自動車)は水島製作所で生産されるようになります。

その理由はエクリプスクロスが岡崎製作所で生産されるにあたり、新型RVR生産は水島製作所で行われるというわけです。

 

スポンサーリンク

 

次期RVRは新型ジュークと同じプラットフォーム!

RVR新型はFF専用のBプラットフォームで開発されます。
プラットフォームを共有するのは新型ジュークやルノーキャプチャーになります。

日産とルノーが共同開発でのプラットフォームにより三菱のRVRが生産され、PHVのバッテリーの生産ラインも大幅増強しているので将来的には日産やルノーのEVも水島製作所で生産される可能性があります。

外観デザイン

XR-PHEVⅡ

外観はエクリプスクロスのような水平基調の力強い引き締まったシャープなキャラクターラインになり、フロントマスクはほぼエクリプスクロスと同じになるでしょう。

ただボディフォルム的にはリアがクーペフォルムではなく直立したSUVのような見た目になるでしょう。

エンジンスペックはどうなる?

e-EVOLUTIONコンセプト

以前、新型RVRに搭載されるパワートレインはエクリプスクロスにも採用されている1.5リッター直噴4気筒ターボが注力しされていましたが、PHV・EVラインナップを強化するために電化モデルと完全電気自動車として新型RVRを発売するようです。

開発ベースとしては「MITSUBISHI Concept XR-PHEV Ⅱ」や「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」の技術が活かされることになるでしょう。

パワートレイン・EVシステム

「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」と同じ設計になれば、フロントにモーターが1機、リアにモーターが2機のトリプルモーター方式の4WDになる可能性があります。

小型で高出力なモーターで車内スペースにも先代モデルよりも余裕がありそうです。

エンジンスペック

パワートレインにはEVやPHV以外にもガソリンエンジンモデルもラインナップするという話もあります。

エンジン/直列4気筒1.5リッターターボ
最高出力/164ps
最大トルク/250Nm

 

ボディサイズ(予想)

  • 全長/4170mm
  • 全幅/1770mm
  • 全高/1600mm
  • ホイールベース/2600mm

RVR まとめ

三菱RVR新型がPHVや100%完全EVになれば、エクリプスクロス以外にもさらに超人気のクルマが増えることになります。

しかも人気の小型SUVスタイルとなれば、日産リーフよりも売れる可能性もあります。
リーフに搭載されているワンペダルで加減速ができる「eペダル」もできれば採用してほしいところです。

画像出典 https://www.mitsubishi-motors.com/en/innovation/design/concept_xr.html

日産ジューク新型2019年初旬登場!次期型はe-POWER搭載で燃費向上?

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-三菱
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.