シエンタファンベース フリード+

新型シエンタファンベースの内寸サイズをフリード+と比較!車中泊に使いやすいのは?

更新日:

スポンサーリンク

トヨタ シエンタに追加登場した
シエンタファンベース」と
ホンダ フリード+の内寸スペックを
比較!

車中泊に使いやすいコンパクトミニバンは
いったいどっち?

 

まずは内寸スペックで比較

シエンタファンベース内寸

  • 室内長/1900mm
  • 室内幅/1490mm
  • 室内高/1280mm
  • 最大荷室長/2065mm
  • 荷室高さ/1070mm(ローデッキ状態)
  • 荷室幅/1260mm
  • トランク開口部地上高/530mm

シエンタファンベース 荷室 シエンタファンベース 荷室

 

フリード+(プラス)内寸

  • 室内長/2310mm
  • 室内幅/1455mm
  • 室内高/1275mm(ハイブリッド)・1285mm(ガソリンモデル)
  • 最大荷室長/1870mm
  • 荷室高さ/1110mm
  • 荷室幅/1080mm
  • トランク開口部地上高/335mm

ホンダ フリード+ 荷室

旧型のシエンタでは荷室の長さがセカンドシートを
倒しても1430mmとかなり狭い。

シエンタ 荷室

旧型シエンタ

おまけに段差もあり車中泊で
快適に寝れるとはお世辞にも良いとも
言えないレベルになっていた。

でも新型では最大で荷室の長さが
2065mmとかなりの拡大に成功!!

シエンタファンベース 荷室

これは車中泊にも使えるし
傾斜はしているものの
運転席側に頭を向けて寝ればOK!

床面はハイデッキモードとローデッキモードに
できるようになっている。

シエンタファンベース 内装

 

一方のライバルのフリード+は
フリードスパイクのときには
最大で2015mmもあった荷室長
二列目を倒して最大でも1870mmぐらいとなっている。

フリードスパイク

フリードスパイク

しかも二列目がキレイに折り畳めてないので
一列目の背もたれのすぐ後ろが出っ張りができる。

ホンダ フリード+ 荷室 フルフラット

フリードプラスのフルフラットの場合

これが車中泊時に邪魔になってくる。
フラットに快適に使うならシエンタファンベースに
軍配があがる!!!

ただフリード+も悪いばかりでなく荷物の出し入れに
ついてはフロア高の低いフリード+のほうが
荷降ろしや積むときには楽。

スポンサーリンク

 

使い勝手で比較

シエンタファンベース 荷室

車中泊のときにはスペックだけでなく出っ張りの
少ない荷室やフラットな床面なども
重要になってくるポイント。

フリード+は荷室入り口付近のサイドには
何もなくキレイなフラット側面になっている。

下から上まで効率よく積み込みができる作り。

シエンタファンベースの場合、
後輪のホイールハウスの影響もあり
少しだけ出っ張りのある形状になっている。

その出っ張りがあっても十分に使える
ラゲッジルームだけどこれがより
フラットになればもっと効率よく使える
空間が生まれそう。

 

どちらがよりフルフラットになる?

シエンタファンベース フルフラット 荷室

この比較は内寸スペックでも少し触れているけど
結論から言うとシエンタファンベースのほうが
キレイなフルフラットな床面を使うことができる。

シエンタファンベース フルフラット 荷室

シエンタファンベース フルフラット 荷室

シエンタファンベース フルフラット 荷室

シエンタファンベース フルフラット 荷室

セカンドシートを折りたたんだときに
うまくチルトダウン格納できるので
車のフロントに向かって頭を向けて寝ることで
床面の傾斜が気にならなくなる。

おまけに最大荷室長があるので頭上空間に
ゆとりがあってリラックスして寝れそう。

 

ライバルのフリード+はフルフラットにはなるが
ボードを出してフラットにしたときに
2cmほどの段差ができてそのまま薄いマットを
敷いて寝るのはキツイのが現状。

ホンダ フリード+ 荷室 フルフラット

ホンダ フリード+ 荷室

ホンダ フリード+ 荷室

ホンダ フリード+ 荷室

厚手のマットを下に敷くことでその段差の問題は
解消できる。

ただやっぱりフロントに向かって頭を置いて
寝たときにセカンドシートをキレイに格納できていない
こともあって、快適な空間だとは言い難い。

これならフリードスパイクモビリオスパイクのほうが
よっぽど車中泊に向いている。

フリードスパイク

フリードスパイクの荷室内寸

フリードスパイクなら文句なしのフルフラットな荷室にできて
長さも最大で2015mmと新型シエンタファンベースには
及ばないけど車中泊に使えるぐらいの広さになる。

 

荷室で活躍するアクセサリー

フリード+の場合は荷室のサイドに
荷室をアレンジして使えるようにナットが
20箇所ついている。

ホンダ フリード+ 荷室

ホンダ フリード+ 荷室

このナットにより使い方によってオリジナルの
荷室を作ることができるようになっている。

いっぽうのシエンタファンベースでは
荷室側面にユーティリティホールが左右各9箇所あり
オプションのシステムバーやフックを装着できるように
なっている。

シエンタファンベース 荷室

ユーティリティホール

シエンタファンベース 荷室

シエンタファンベース 荷室

シエンタファンベース 荷室

シエンタファンベース 荷室

シエンタファンベース 荷室

シエンタファンベース 荷室

このユーティリティーホールを使うことで
ボードやラゲッジテーブル・ネットなどが
使える仕様になっている。

シエンタファンベース 内装

 

細かい収納力を比較

次にフリード+とシエンタファンベースの
細かい収納力を比較。

【フリード+の小物収納力】

  1. フロントシート背もたれのポケット
  2. グローブボックス
  3. インパネアッパーボックス
  4. センターテーブル
  5. シートアームレストコンビニフック
  6. インパネトレイ
  7. ドアポケットボトルホルダー
  8. 収納式ドリンクホルダー
  9. シートバックポケット
  10. スライドドアボトルホルダー
  11. リアサイドドリンクホルダー

【シエンタファンベース小物収納力】

  1. 大型デッキアンダートレイ
    (ハイブリッドとガソリン車で容量が違う)
  2. 助手席インパネアッパーボックス
  3. 助手席オープントレイ
  4. グローブボックス
  5. コンソールサイドポケット
  6. 回転式買い物フック
  7. 助手席カップホルダー
  8. 運転席カップホルダー
  9. フロントドアポケット
  10. フロントドアボトルホルダー
  11. フロントドアプルハンドルポケット
  12. スライドドアポケット
  13. スライドドアボトルホルダー
  14. 助手席シートバックポケット
  15. デッキサイドトリムポケット
  16. デッキサイドボトルホルダー
  17. デッキサイドスマホホルダー
  18. マルチユーストレイ

 

内装の質感を比較

次に車内のクオリティーを比較。

直線を活かした先進的なデザインを狙ってきた
シエンタファンベースに対して
直線基調のデザインで攻めてくる
フリード+。

ホンダ フリード+ 内装

フリード+の内装

シエンタファンベース 内装

シエンタファンベースの内装

シエンタファンベース 内装

シエンタファンベースの内装

シエンタファンベース 内装

シエンタファンベースの2列目。足元は広い。

はっきり言って見る人によって
好みが分かれると思うけど
やっぱりトヨタのクルマって
シフトノブやボタン類のデザインが
ゴチャゴチャしているように感じる。

その点、フリード+ではシンプルで
キレイな配置になり落ち着きのある
デザインになっているように思う。

 

外観の見た目で比較

シエンタファンベース

次に外観の見た目では斬新なデザインの
シエンタファンベース。

そしてシンプルに落ち着いた外観の
フリード+。

フリード+

これもはっきり言って好みがわかれるが
万人受けのデザインはフリード+だろうと思う。

ツートンカラーをラインナップするなどして
シエンタファンベースは若者向けにうけるように
チャレンジした設計になっている。

フリード+ではカラーリングが9色に対して
シエンタファンベースでは16色になっている。

豊富な色から選ぶ楽しさは
シエンタファンベースのほうが上。

 

個人的な感想

見た目で選ぶなら個人的には
ホンダ フリード+のほうが好み。

だけどアウトドアを意識した
ベージュのツートンカラーや
格段に広くなった最大荷室長を
考えるとシエンタファンベースの方が
実用的で良いかなと思えてしまう。

値段もガソリンモデルなら
フリード+では約188万円から
そしてシエンタファンベースは
178万円からということで価格的に
お手頃がシエンタファンベースの方がある。

あとはシエンタファンベースで
クロスオーバーモデルが出れば
個人的にはとっても欲しいクルマになるんだけど...。

デリカD5はアウトドアにバリバリ使えるけど
奥さんが運転するとなると不安だから
シエンタファンベースぐらいの大きさで
オフロードを少し意識したクロスオーバーモデルが
出るといいんだけどな〜。

それかアウトドア仕様の特別モデルが登場すれば
かなり心が揺れ動くパッケージングになっているのが
やっぱりシエンタファンベースだね。

 

シエンタファンベース VS フリード+ 内寸比較まとめ

ライバルとして一番に比較されやすい
シエンタファンベースとフリード+の比較情報を
お届けしました。

内寸の寸法や大きさのスペックでみると
シエンタファンベースのほうが車中泊には
現時点では向いていると言えるね。

ソース https://toyota.jp/sienta/ https://www.honda.co.jp/FREED/

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-トヨタ
-, , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.