VW,T-Rug,フォルクスワーゲン,電気自動車,SUV

VWが2022年登場予定の本格派オフロード電気SUV「T-Rug」を発表!

更新日:

フォルクスワーゲンが開発する本格派オフロードSUV「T-rug(仮名称)」が2022年に登場するようです。

ライバルとなるSUVはベンツGクラス・ランドローバー ディフェンダーやジープ ラングラーなどのクロカンモデルと競合できるオフロード性能を持った本格派電気SUVでデビューする予定です。

ランドローバー ディフェンダーのライバルとなる電気SUV

フォルクスワーゲンT-rugのコンセプト画像はGクラスやラングラーみたいなミリタリーチックなカクカク感よりもやや丸みを帯びたスタイリングになるようですが全体的なフォルムはボクシーな形状になるようです。

メルセデスベンツやジープよりもどちらかというとランドローバーの競合になりそうな見た目になりそうですね。

モダンながらも力強いフォルムと電気モデルなので4WDオフロードシステムも電気制御で悪路を走破すると思われるので同じく電車制御の4WDシステムを使うランドローバーとのシステムの対決も気になるところです。

プラットホームはMEBプラットホームを元に開発されるようです。

VW T-Rug スペック

フォルクスワーゲン,EV,バッテリー

T-Rugの電気自動車としての性能もハイスペックな車種になるようで95kWhのリチウムイオンバッテリーを採用するモデルでは航続距離が予定で最高547kmまでになると言われています。

ディフェンダーのライバルとなるような車種で航続距離が500km超えというのはかなり低燃費なSUVになりますね。

電気自動車のネックとなる充電時間に関しての情報は不明ですが高圧チャージで短時間で充電できるインフラがとても重要になってきますね。

海外と日本とでは充電ポートの種類が違うので日本で販売する場合にはどうフォルクスワーゲンが対処するのかがポイントですね。

いくら航続距離が長くても充電時間があまりにも長いようなら使い勝手においてPHVやハイブリッドのほうが上ってことになりかねませんから。

おそらくバッテリーの容量においてもテスラのように何種類かラインナップすると予想しています。

ボディタイプは2タイプ

このT-rugにはディフェンダーの90と110のように2ドアモデルと4ドアモデルがラインナップされるようです。

ラングラーにもスポーツとアンリミテッドで2ドアと4ドアを採用していますね。

2ドアだと趣味車としての需要が見込め4ドアだとファミリーカーとしての需要が高そうですね。

ボディサイズは2ドアモデルで約4.5m、4ドアモデルで約4.85mとなるようです。

ディフェンダーのライバルとなるSUVでありながら以外とビッグサイズではないのがいいですね。

あとは全幅がどのくらいまでなるかが買うときのポイントになるでしょう。

最近の車はどんどんと肥大化しているのでできれば1900mm以内におさえてほしいところ。

コンセプト画像ではルーフのフロント部分に埋込式のLEDフォグライトが装備されているのでぜひ市販車でもこの装備は採用してほしいです。

おそらくフロントマスクも市販車で出るときにはボクシーなスタイリングでティグアンやトゥアレグのようなシャープな顔つきになるのではないでしょうか。

カクカクなボディで腰高スタイルにゴツいタイヤとホイールという見た目になれば本格的なクロカン走行を楽しまない人たちにもファッションカーとして親しまれそうです。

VW T-rug まとめ

T-Rugはまだコンセプトモデルなので詳しい情報がない状態ですがフォルクスワーゲンが作る本格派SUVということでかなり期待ができます。

おそらく派生でアウディにも電気自動車で本格派SUVが登場しそうな予感もしますね。

また「T-Rug」というのはドイツ語で詐欺や詐称という名前にあたるようなので正式な販売になるときには違う名前になると予想されます。

また新しい情報が入り次第追記していきますね。

ソース https://www.autobild.de/

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-VOLKSWAGEN
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.