トヨタ,オーリス,カローラハッチバック,新型,次期型

カローラハッチバック新型発売・価格情報!iMT車登場は2018年8月予定

更新日:

スポンサーリンク

次期トヨタ カローラハッチバック 2018新型モデルが日本でとうとう発売開始されました!
そしてこのフルモデルチェンジ予定の新型カローラハッチバックにはゴルフのGTIモデルに対抗するためのホットハッチモデルが遅れて追加されるようです!
4WDスポーツターボグレードはスペック的にもゴルフGTIを思いっきり意識した出力設定になるとみられています!

エンジンラインナップはCH-Rのパワートレインをベースに4WDスポーツモデルが追加されます。
それではさっそくトヨタ カローラハッチバック次期新型の情報をチェックしていきましょう!

 

欲しい車を安く買う裏ワザ

カローラハッチバックのフルモデルチェンジ発表!

カローラシリーズに久々にハッチバックモデルが追加されるということでワクワクしましたが、ついに新型としてフルモデルチェンジさせます。

外観デザイン的には欧州車を競合できるように洗練されたデザインになりました。

トヨタ車のエクステリアは今一つ垢抜けないデザインが多いですが、新型クラウンのようにスタイリッシュな外観になっていますね!

ちなみは発売は新型クラウンと同時期になります。

スポンサーリンク

 

新型カローラハッチバックに追加される4WDスポーツのホットハッチモデル!

カローラハッチバック 新型

トヨタカローラハッチバックがフルモデルチェンジして、個人的に一番注目なのが「1.6Lターボの4WDハッチバックモデル」です。

ハッチバックでホットモデルと言えば、やはり「ゴルフ GTI」でしょう!!
そのゴルフGTIに対抗するべく追加ラインナップされる模様です。

最高出力は250ps・最大トルク343Nmを目指して開発中ということで期待できそうですよ!!

ゴルフGTI 2017モデルは最高出力230psに最大トルク350Nmなので、市販モデルはどのくらいまでスペックが引き上げられるのか楽しみです。

iMT仕様は8月発売予定

トヨタは2018年8月に発売されていくモデルに新開発の6速iMTを搭載するようです。

世界的なニーズに応えるのが新開発6速MTを開発した理由だそうですが、これから発売が期待されているモデルでもっとマニュアルミッションが搭載される可能性が高いのが新型カローラハッチバックだと思いますね。

ミッションの全長が短くなり軽量化されることで燃費の向上につなげているようです。

そして変速時のエンジン回転数を自動で合わせる「iMT」を採用することでよりスムーズな変速操作になるようです。

 

エンジンラインナップ

オーリス 新型

次期型カローラハッチバックに搭載される予定のエンジンは4WDスポーツモデル以外はトヨタ CH-Rと同じエンジンラインナップになるもようです。

  • 1.2Lターボガソリンエンジン/最高出力116hp・最大トルク185Nm
  • 1.8Lガソリンエンジン(最高出力98ps・最大トルク142Nm)+モーター(最高出力72ps・最大トルク163Nm)
  • 2.0Lガソリンエンジン(最高出力107ps・最大トルク180Nm)+モーター(最高出力109ps・最大トルク202Nm)(※オーリス)

4WDスポーツターボのエンジンスペックは?

  • 1.6L直列3気筒ターボガソリンエンジン
    最高出力/250ps
    最大トルク/235Nm

エンジンとしては1.6リッターといえば、4気筒というのが普通ですが、この新型カローラハッチバックでは次期新型ヴィッツ(ヤリス)にも搭載される可能性がある3気筒モデルになります。

4気筒から3気筒にすることで「燃費」「コンパクトなエンジン」というメリットを活かすためでしょうか。

数年前より小型車でも気筒数を減らしたエンジン登場していて、デメリットである「振動」「騒音」が大きくなることを新技術で克服して「低燃費」「低振動」「低騒音」を兼ね備えたエンジンに仕上げています。

BMWと提携しているので、BMW製の直列3気筒1.5L(最高出力231ps 最大トルク320Nm)エンジンを改良して次期型カローラハッチバックに搭載するという流れだそうです!

このエンジンは次期新型カローラフィールダーに採用されるということです。

直列3気筒1.6Lで2Lターボのスペック並になり、どんな走りに進化しているのか注目です!
ただこの1.6リッターについてはジュネーブモーターショー2018では何も発表はなかったようです!

 

2019年モデル ボディサイズ

カローラハッチバック 新型

  • 全長/4370mm
  • 全幅/1790mm
  • 全高/1435mm
  • ホイールベース/2650mm

 

発売価格

  • 【FF】
    1.2L GX/213万8400円
    1.2L G/225万7200円
    1.2L GZ/241万9200円
  • 【ハイブリッド】
    1.8L GX/241万9200円
    1.8L G/252万7200円
    1.8L GZ/268万9200円
  • 【FF 6MT】
    1.2L GX/210万6000円
    1.2L G/222万4800円
    1.2L GZ/ 238万6800円
  • 【4WD CVT】
    1.2L GX/233万2800円
    1.2L G/245万1600円
    1.2L GZ/261万3600円

 

内装画像

内装はシンプルでキレイな仕上がりになっていて、センターパネルの大型ディスプレイがやはり目立ちますね。

万人受けしそうな嫌みのないデザインは、さすがカローラです。

カローラハッチバック 内装 カローラハッチバック 内装 カローラハッチバック 内装

大型ディスプレイにはAppleCarPlayが表示されています。
次期型で車のスマート化も進んでいますね。

カローラハッチバック 内装

そして、スマホ用の充電ドッグもしっかりと存在し、ちゃっかり進化しています。

カローラハッチバック 内装

海外ではマニュアルモデルがまだまだ残っていますが、日本国内用にもこれはホットハッチモデルを予感させてくれる画像ですね。

2018年3月23日 予防安全装備

新型カローラハッチバックは「Toyota safety Sense」を標準装備するモデルになります。

オプションではなく標準装備なのがうれしいですね!!

  • 車両検知
  • 歩行者検知(昼間・夜間)
  • 自転車検知
  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

カローラハッチバック 2018年フルモデルチェンジ情報 まとめ

期待のホットハッチモデルを引っさげての発売が期待されていたフルモデルチェンジ後の新型カローラハッチバック。
車に興味が薄れてきている若い年代にも注目されるようなアクティブでセンスある外観デザインになりましたね。

発売日は2018年初夏予定です!

参照元  https://newsroom.toyota.eu/2018-new-auris/

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-トヨタ
-, , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.