Trend HQ

外車国産車の新型・カーライフ情報ブログ

トヨタ カローラ

カローラ新型は2019年秋発売?次期フルモデルチェンジのスペックは?

更新日:

スポンサーリンク

とうとう12代目「トヨタ カローラ 2019年モデル」でボディ幅が拡大して3ナンバー(全幅1700mm以上)になるという話がありましたが、実際はハッチバックだけが3ナンバーモデルになりセダンとフィールダーは5ナンバーを維持するようです。
日本の大衆車もプリウスと同じプラットフォームにより大型化する可能性が高いですね。

デザインは現行型よりもよりスタイリッシュになるようですね。
シャープなヘッドライトがLED化され、レクサスやプリウスPHVのようなデザインになるみたいです。
フルモデルチェンジにより、「大衆車」から「プレミアムセダン」に変身する次期型は、フレーム剛性も上がり、スペックや見た目だけでは語れない部分にもテコ入れをして、ブラッシュアップされるみたいなので期待に胸が膨らみますね。
てなわけで、2019年秋に発売と噂されるトヨタ カローラの装備やエンジンスペックなどをチェックしてみました。

 

遂にカローラも新開発TNGA採用に!

今までのカローラというと、オジサンが乗っている大衆車というイメージが強かったですが、このフルモデルチェンジで雰囲気が大きく変わりそうですね。

トヨタの大衆車では、プリウスが全幅1760mmと3ナンバー化になりましたね。
次期カローラも、プリウスと同じTNGAプラットフォームで生産するとのことで3ナンバーになるという話がでていましたが、こちらは国内モデルは5ナンバーのままのようです。

海外発売モデルは3ナンバーになる可能性がありますね。

デザインはかなりスポーティーでシャープになり、もう「カローラ = おっさんカー」とは無縁になるかもしれないですね。

海外で発売予定の次期カローラは幅が1800mmを超えるらしく、よりワイドで迫力もあるでしょうね。
ワイドフォルムになることで、カスタムした時もエアロがビシっときまりそうです。

 

スポンサーリンク

 

カローラ ボディサイズ

トヨタ カローラ

  • 全長/4490mm
  • 全幅/1695mm
  • 全高/1455mm
  • ホイールベース/2600mm

プラットフォームは新開発のTNGAになり、セグメント的にもBクラスからCクラスセグメントの世界展開サイズになります。

搭載エンジンは?

トヨタ カローラ

ボディは新しくなるが、エンジンはどうなのって思いますよね?

今のところ、主力になるエンジンは1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンで、それに1.2リッターの直列4気筒ガソリンターボエンジンが新しくラインナップされるとのことです。

これに加えて海外では、140馬力の1.8リッターの直4の設定もあるようですね。
ハイブリッドも設定もあるようなので、そちらには1.5リッターのガソリンエンジンがセットされます。

期待したいのは「PHV」の設定と「ディーゼル」ですね。PHVは欧州では広く受け入れられているので、ハイブリッド押しのトヨタは欧州よりも、どうしても中国や米国での人気が高いですからね。

プリウスPHVで培った技術を次期カローラにも導入してほしいですね。

そして、ディーゼルエンジンですよね。ディーゼルといえば、国産車ではマツダが一人勝ちのような状態ですよね。
静音技術も取り入れられ、やっと欧州車のような高品質なディーゼルが広く知れ渡ったのはうれしいことです。

トヨタもマツダに負けじとディーゼルエンジンのラインナップをするのでは?という声も上がっているので、発売に期待しています。

そしてそして、他にも海外ではパートナーシップとなっているBMWから技術提供で2.0リッター直4エンジンを搭載するかもしれないと噂されています。

BMWご自慢のシルキー6まではいかなくても、BMWのエンジンがトヨタに載るなんて、ワクワクしてきます。

ハイブリッドはTHSⅡになる?

4代目プリウスにも採用されたハイブリッドシステム「THSⅡ」がカローラにも搭載される可能性はあるかもしれません。

上の動画は2.0Lハイブリッドですが、小型化・軽量化されているので、スペース効率や燃費にも貢献してくれますね。

そして搭載されるミッションも新開発の「Direct Shift-CVT」が搭載される可能性もあります。
もし搭載されれば6%の燃費向上につながることが期待されます。

Direct Shift-CVTにより変速スピードが20%向上し、CVT特有の発進時のもたつきが改善されますね。

新型モデル エンジンスペック

  • 直列4気筒1.2Lターボガソリンエンジン
  • 直列4気筒1.5Lガソリンエンジン
  • 直列4気筒2.0L直噴ガソリンエンジン(新開発)/最高出力171ps・最大トルク205Nm
  • ハイブリッド/1.5L(最高出力75ps 最大トルク111Nm) + モーター(最高出力61ps 最大トルク168Nm)
    ハイブリッド燃費35km/L

新装備は?

カローラハッチバックの内装

シャシーが新しくなり、サスペンションもニューモデルになるようですね。
少し硬めの設定ですが、乗り心地を損なわないようにしています。

全幅だけではなく、ホイールベースも伸びるので、後席も足元のスペースも余裕が広がりそうです。

安全装備でのブレーキアシスト機能や走行安定性を高める電子制御デバイス、大型タッチスクリーン、ヘッドライトのLED化などが大きな変更点のようです。

カローラハッチバックの内装 カローラハッチバックの内装 カローラハッチバックの内装

画像出典 http://2018carsmodels.com/
http://indianautosblog.com/
http://www.autoguide.com/

次期新型トヨタカローラ2019年モデルの価格・まとめ

トヨタ カローラ

次期カローラの海外での予想価格は日本円で180万円〜220万円ほどと見られています。

日本発売となれば、現行型が150万円ですが、この価格よりも少し値段がアップする可能性もありますね。
ただプライスアップに見合ったデザイン・装備・走りになるので、結果的にもし価格が上がったとしても、それはそれ相応ということがいえます。

日本人から愛される車「トヨタ カローラ」の進化に注目したいですね!

追記 カローラのフロントマスクはこんな感じ?

トヨタ カローラ

欧州でのオーリス新型が発表され、そして見えてきたのは次期カローラに顔つきは新型オーリス(カローラハッチバック)と同じような見た目になることが予想されます。

内装の装備もAppleCarPlayや8.0インチディスプレイ、Wifiやスマホ用充電ドッグ、Alexaによるスマートコントロールが可能になっています。

トヨタG'sからGRへ!プリウスPHVの新型スポーツモデル2018年春発売?
新型トヨタ クラウン発売は2018年2月?モデルチェンジで超高級に!
家族におすすめな日本未発売トヨタSUV集!後部座席が広い3列シート!
トヨタ86の新型発売は2020年?次期型で遂にハイブリッドスポーツカー?
トヨタ スープラが新型で復活!2018年発売で全てBMW製!スペックは?
人気の高級ミニバン トヨタアルファードの口コミは?最高額は1500万?
トヨタ セリカが86ベースの新型で復活?発売日は2018年で価格は?

スポンサーリンク

この記事に共感していただけたら、また当ブログに来て頂けるとうれしいです。読んでくれる方が一人でも増えることで更新していくやる気になります!
メールアドレスを記入して購読することで更新を見逃すことがありません。

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはどれがよいかご自由にお選びください。」

-トヨタ
-, , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.