外車 国産車などの自動車情報、プロテインダイエット情報発信メディア

Trend HQ

新型トヨタ カローラ

次期新型カローラは2018年秋発売?フルモデルチェンジで3ナンバー確定?

更新日:

とうとう「トヨタ カローラ」もボディ幅が拡大して、3ナンバー(全幅1700mm以上)になる時代がやってきたようですね。
日本の大衆車もプリウスと同じプラットフォームにより大型化する可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク


 

ただ、ボディ幅が3ナンバーサイズになるだけでなく、現行型よりもよりスタイリッシュになるようですね。
シャープなヘッドライトがLED化され、レクサスやプリウスPHVのようなデザインになるみたいです。

フルモデルチェンジにより、「大衆車」から「プレミアムセダン」に変身する次期型は、フレーム剛性も上がり、スペックや見た目だけでは語れない部分にもテコ入れをして、ブラッシュアップされるみたいなので期待に胸が膨らみますね。

てなわけで、2018年夏に発売と噂されるトヨタ カローラの装備やエンジンスペックなどをチェックしてみました。

 

遂にカローラもグローバルサイズに変身か?

新型トヨタ カローラ

今までのカローラというと、オジサンが乗っている大衆車というイメージが強かったですが、このフルモデルチェンジで雰囲気が大きく変わりそうですね。

5ナンバーサイズのボディだと、いくらフロントがシャープになろうとも、どうしても「ボテっ!」とした見た目になってしまうんですよね。

外車は3ナンバーサイズの全幅なので、全体的なレイアウトがとてもバランスよく感じますからね。

トヨタの大衆車では、プリウスが全幅1760mmと3ナンバー化になりましたね。

次期カローラも、プリウスと同じプラットフォームで生産するとのことです。
このボディ幅が広がることで、車内のスペースが広がることはもちろん、見た目的には安定したフォルムでスリムな印象になるようです。

もう「カローラ = おっさんカー」とは無縁になるかもしれないですね。

海外で発売予定の次期カローラは幅が1800mmを超えるらしく、よりワイドで迫力もあるでしょうね。

ワイドフォルムになることで、カスタムした時もエアロがビシっときまりそうです。

 

カローラ ボディサイズ

  • 全長/4460mm
  • 全幅/1745mm
  • 全高/1455mm
  • ホイールベース/2600mm

 

スポンサーリンク

 

搭載エンジンは?

新型トヨタ カローラ

ボディは新しくなるが、エンジンはどうなのって思いますよね?

今のところ、主力になるエンジンは1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンで、それに1.2リッターの直列4気筒ガソリンターボエンジンが新しくラインナップされるとのことです。

これに加えて海外では、140馬力の1.8リッターの直4の設定もあるようですね。
ハイブリッドも設定もあるようなので、そちらには1.5リッターのガソリンエンジンがセットされます。

期待したいのは「PHV」の設定と「ディーゼル」ですね。PHVは欧州では広く受け入れられているので、ハイブリッド押しのトヨタは欧州よりも、どうしても中国や米国での人気が高いですからね。

プリウスPHVで培った技術を次期カローラにも導入してほしいですね。

そして、ディーゼルエンジンですよね。ディーゼルといえば、国産車ではマツダが一人勝ちのような状態ですよね。
静音技術も取り入れられ、やっと欧州車のような高品質なディーゼルが広く知れ渡ったのはうれしいことです。

トヨタもマツダに負けじとディーゼルエンジンのラインナップをするのでは?という声も上がっているので、発売に期待しています。

そしてそして、他にも海外ではパートナーシップとなっているBMWから技術提供で2.0リッター直4エンジンを搭載するかもしれないと噂されています。

BMWご自慢のシルキー6まではいかなくても、BMWのエンジンがトヨタに載るなんて、ワクワクしてきます。

 

カローラ 2018モデル エンジンスペック

  • 直列4気筒1.2Lターボガソリンエンジン
  • 直列4気筒1.5Lガソリンエンジン
  • ハイブリッド/1.5L(最高出力75ps 最大トルク111Nm) + モーター(最高出力61ps 最大トルク168Nm)
    ハイブリッド燃費35km/L

 

新装備は?

新型トヨタ カローラ

シャシーが新しくなり、サスペンションもニューモデルになるようですね。
少し硬めの設定ですが、乗り心地を損なわないようにしています。

全幅だけではなく、ホイールベースも伸びるので、後席も足元のスペースも余裕が広がりそうです。

安全装備でのブレーキアシスト機能や走行安定性を高める電子制御デバイス、大型タッチスクリーン、ヘッドライトのLED化などが大きな変更点のようです。
画像出典 http://2018carsmodels.com/
http://indianautosblog.com/

 

次期新型カローラの価格・まとめ

新型トヨタ カローラ

次期カローラの海外での予想価格は日本円で180万円〜220万円ほどと見られています。

日本発売となれば、現行型が150万円ですが、この価格よりも少し値段がアップする可能性もありますね。
ただプライスアップに見合ったデザイン・装備・走りになるので、結果的にもし価格が上がったとしても、それはそれ相応ということがいえます。

日本人から愛される車「トヨタ カローラ」の進化に注目したいですね!

トヨタG'sからGRへ!プリウスPHVの新型スポーツモデル2018年春発売?
新型トヨタ クラウン発売は2018年2月?モデルチェンジで超高級に!
家族におすすめな日本未発売トヨタSUV集!後部座席が広い3列シート!
トヨタ86の新型発売は2020年?次期型で遂にハイブリッドスポーツカー?
トヨタ スープラが新型で復活!2018年発売で全てBMW製!スペックは?
人気の高級ミニバン トヨタアルファードの口コミは?最高額は1500万?
トヨタ セリカが86ベースの新型で復活?発売日は2018年で価格は?

スポンサーリンク


いつもシェア・ご覧頂きありがとうございます。

-
-, , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2017 All Rights Reserved.