ライドシェアリング ウーバー

タクシーとは違うライドシェアリングとは?「ウーバー」って何?

更新日:

スポンサーリンク

ライドシェアリングサービスは、個人間で相乗りをするサービスのことであり、カーシェアリングの一種です。

日本で言うカーシェアリングはまだ企業が車を貸し出す形が一般的ですが、この個人間で一緒の車に乗って移動するという形もようやく認知されつつあります。

 

ライドシェアリングサービスの仕組み

使用する車は個人が所有する車であり、所有者がサービス会社に登録しておき同乗者を募る仕組みです。
簡単に言うと、同じ方向へ行きたい人がいるとマッチングが完了し、相乗りして目的地へ向かうことになります。

ライドシェアリングは2009年にウーバーというアメリカの会社が始めました。
その後世界中に広まり、国内でも利用が始まりました。交通機関の発達していない場所だと重宝しますね。

ここで「え、でもタクシーはどうなっちゃうの?利用されなくなっちゃうのでは?」

と考えたあなたは正解で、このサービスはタクシー業界から猛反発をくらっています。

実はこのライドシェアリングサービス、日本国内での提供はタクシー・ハイヤー会社としてサービスを提供しているんですよね。

だからタクシー規制も回避できるというわけです。

それでも全国ハイヤー・タクシー連合会は断固反対の姿勢を貫いているので、サービス会社もタクシー業界と連携する形を模索しています。

 

スポンサーリンク

 

海外では当たり前のサービス「ウーバー」!

ライドシェアリング ウーバー

日本では法律の観点から言ってもまだ普及にはほど遠い状況ですが、アメリカでは当たり前のようにこのサービスが使われています。

そのための法律や条例が存在するぐらいですから驚きですね。

フィリピンでも政府が正式にこのサービスを認可していますし、オーストラリアでもこのサービスが開始されるまでに、サービスに対する規制がちゃんと設けられています。

ウーバーは、もはや全世界で利用されているカーシェアリングサービスと言っても過言ではありません。

「なんで海外では当たり前なのに日本ではまだまだなの?」と思いますよね。

やはりそこには海外と違い法律の壁が存在しているのです。
いわゆる「白タク」問題ですね。

一般のドライバーが自家用車で人を載せて運ぶサービスは、外国と違い国内では法律に違反する可能性があるというワケです。

そのため先に述べたような方法をとって営業したり、登録ドライバーはドライバーとして承認されてから初めてサービスを提供できるような措置をとっています。

これがアメリカだと承認など必要なく登録するだけで利用できますから、誰でも簡単にサービスが提供できる仕組みです。

しかし、国内でも規制緩和の動きはありますし需要がないわけではないので、これから広まっていく可能性も十分あります。

 

どうやって使うの?

ウーバーを利用するには、まずスマートフォンに専用のアプリをダウンロードします。
もちろん、アプリは無料です。

アカウントを作成したら、リクエストという配車依頼をします。

依頼といっても行先を入力してオプションを選択するだけです。
このとき、料金が必ず表示されるので事前にいくらかかるのか確認できるようになっています。

「どうやって対象の車を道路で判別するの?」という人のために、ドライバーの顔写真や車両情報も確認できるようになっていて、しかもマップで車がどの位置にいるのかもわかるのですぐ依頼した車が判別できます。

気になるのは、信頼のおけるドライバーかどうかということですが、それについてはプロフィールや利用者のコメント、サービス提供回数(経験値)を見て判断できるようになっています。

ウーバーの場合、タクシーのように車を降りる時にお金を支払う必要はありません。
アプリに登録しておいたクレジットカードから支払われる仕組みです。

領収書もメールで受け取れます。

ドライバーと金銭のやり取りをしなくて済むので、本当に目的地まで乗車するだけで済むので金銭トラブルも回避できますね。

 

日本ではウーバーの状況は?

アメリカではヒットしているライドシェアリングも、日本では難しい状況にあります。

その代表例としてよく紹介されているのが、福岡市での配車実験でのことです。
法律に違反するとされ、なんと国から中止するよう勧告されています。

そして京都の丹後市で始めたときは地域を制限され、ドライバーや使用車両は国へ登録、日々の運行状況を市に報告するなど、厳しい運用でのスタートとなりました。

そもそもまだ2013年に日本に上陸したばかりのサービスということもありますが、国内では海外と違い普及しているとは言えないのが現状です。

広大なアメリカの地でのライドシェアリングは当たり前の文化となっていますが、国内ではこの考え方は浸透していません。

そしてアメリカと違いタクシーが多く行きかう国内だと、メリットを感じにくいということもあります。

海外ではよく悪質なタクシーがあり、料金を上乗せして発生しますが、ウーバーだとそんなことがないというのも海外で普及した要因です。

一方海外と違い国内のタクシーは時間に遅れずに来て適切な料金での請求となるほど、サービスがいいです。

このような違いからもこのサービスを使うメリットが薄く、いまだに爆発的普及には至っていないというワケです。

スポンサーリンク

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-カーライフ

error: Content is protected !!

Copyright© Trend HQ , 2018 All Rights Reserved.