IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

復活するワーゲンバス新車のEVバンは航続距離550km。発売は2022年。

更新日:

ワーゲンバスの新車として復活する完全自律走行を搭載したフォルクスワーゲンの商用バン「ID Buzz Cargo」ロスアンゼルスモーターショー2018にも出展されました。

2017年のデトロイトモーターショーにて発表されたID Buzzの派生モデルになりこちらは商用モデルになります。ただ商用バンだけにとどめておくのがもったいほどの広大なスペースは「車中泊」や「トランポ」にも使えそう。

ワーゲンバス商用モデル「ID Buzz Cargo」

ロサンゼルスモーターショーで登場したフォルクスワーゲンマイクロバスの新型モデルの商用車バンに当たるのが「ID Buzz Cargo」です。

フォルクスワーゲンはもうすでに秋にこのIDBUZZカーゴ発表をしていましたがロサンゼルスモーターショーでもまた出展する形となりました。

100%電気自動車で広大なカーゴスペースを備えているのと同時に完全自律走行を採用したバンモデルになるとフォルクスワーゲンは発表しています。

完全自律走行が確立されれば配送スタッフの人はコンピューター画面で配達スケジュールを管理したりお客さんからの連絡の対応などが効率的にできるようになります。

しかもハンドルがインストルメントパネルに格納するできる機能や運転席が15°回転する機能などを盛り込んだ先進的なワーゲンバスになります。

ID Buzz Cargoの航続距離

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

このIDBuzzカーゴのバッテリーは48kwhから110kwhのリチウムイオンバッテリーを採用する予定でWLTPでの航続距離は200(約320km)から340マイル(約550km)になると言われています。

充電は150kW高速充電を使用することにより30分でリチウムイオンバッテリーの80%までチャージすることが可能だと発表しています。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

実際に物流で活躍することになれば朝に物流センターを出発する時点でフル充電にしていない場合に配達途中で30分間も充電する時間が取れるのかが気になるところ。

そうでなくても通販は今よりも普及していくので忙しいなか充電する時間をいかに取っていくのかが課題になると思います。

例えば15分なら40%まで充電が可能とするならそれでも充電時間にまだまだ時間がかかるデメリットが残るような気もしますね。

ID Buzz Cargoは車中泊やトランポにも使える?

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

IDBuzzカーゴの運転席部分は一人用の運転席と二人用のベンチシートが組み込まれたような構造になり3人乗りの商用バンになります。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

ベンチシート部分は折りたたむことによって作業スペースにもなるし荷物スペースが広いので商用だけでなく車中泊用やトランポにも使えるEVバンとして活躍できそうな気がします。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

コンセプトカーの時点では荷室に棚が組み込まれてあったり床面がフラットなのに加えて全長が5m近いロングボディになるのでマットレスを置いて家族で車中泊がマジでできるかもしれませんよ。

おまけにバッテリーパックも一番容量の大きいリチウムイオンバッテリーにすれば電源も確保できますね。

荷物をオンライン管理する荷物スペースを搭載

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

IDBuzzCargoの荷室には先進的な物流システムを採用するようで貨物用のセンサーを備えた装備になるようです。

棚に備え付けられるセンサーにより配送員のタブレットに転送され荷台にあるすべての荷物をオンラインですぐに正確に管理できるシステムを搭載するようです。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

今でも追跡番号で荷物がどこにあるのかを確認することはできますがこの先進的な貨物システムが採用されれば現在荷物を積んでいる配送車がどこの道を通ってあとどれぐらいで到着するのかがもっと視覚的にわかりやすくなりそうです。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

ワーゲンバス バンモデル「ID Buzz Cargo」 まとめ

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

フォルクスワーゲンID Buzz Cargoの発売時期は欧州で2022年初めになる予定です。

日本での登場は2023年ごろになるでしょうか。

商用だけでなく車中泊や趣味用の車としても使えるカスタムの幅が広そうなバンですね。

通常のミニバンモデルのワーゲンバスもEVになって登場する予定なので選べる幅が広がりそうです。

ただ商用だけに日本での販売は無いってこともありえますね。

IDBuzzCargo,フォルクスワーゲン,商用バン,EV

ソース https://media.vw.com

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-VOLKSWAGEN
-, , , , , , ,

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.