日産 エクストレイル

エクストレイル新型フルモデルチェンジ時期は2019年!e-POWER搭載

更新日:

2019年にもフルモデルチェンジがされると噂のエクストレイルの新型情報についてご紹介します。
次期型へのモデルチェンジでは日産ご自慢の注目ハイブリッドエンジン「e-POWER」搭載はほぼ確定のようです。

人気の国産SUV「エクストレイル」に初のe-POWERが搭載される他にも、四駆モデルのためにハイブリッドグレードも継続して販売されると見られています!

フルモデルチェンジ時期・発売時期

エクストレイル新型のフルモデルチェンジ時期は2019年末〜2020年初旬の可能性が高いようです。

登場する時期を考えると2019年の東京モーターショーでは次期型のコンセプトカーが登場するかもしれません。

ただ、2017年の東京モーターショーではジュークなどの新型のコンセプトカーの登場は何もなかったので、日産からの何かアクションが2019年にはあるといいんですが…。

パワートレイン

自動車のエンジン

エクストレイル新型の搭載エンジンには2WD用にセレナにも採用した1.2Lのe-POWERを載せることになるでしょう。

セレナにe-POWERが搭載された当初はミニバンサイズで1.2Lのe-POWERを採用して力不足になるかと思いきや、購入者の感想では充分な加速が味わえて運転するのが楽しいとまで言われています。

ノートにe-POWERの4WDが追加設定されたため、新型エクストレイルにもe-POWERの4WDグレードが出る可能性が出てきました。
4WDグレード用には現行型でも採用した2.0Lハイブリッドシステムを継続して搭載するかどうか怪しくなってきました。。

もしくは三菱のPHEV技術を活かし、4WDモデルに搭載する可能性も示唆されています。

セレナにはe-POWERのエンジンとしては1.2Lが採用されていますが、エクストレイルはSUVなので排気量がもう少しアップされたエンジンが採用されるという可能性もありえます。

e-POWERモデル

エンジン/1.2リッターガソリンエンジン
最高出力 84ps/6000rpm
最大トルク 103Nm/3200〜5200rpm

モーター
最高出力/136ps
最大トルク/320Nm

ハイブリッドモデル

エンジン/2.0リッターガソリンエンジン
最高出力 147ps/6000rpm
最大トルク 207Nm/4400rpm

モーター
最高出力/41ps
最大トルク/160Nm

 

エクストレイル次期型の外観デザイン

日産 Xmotion

見た目的には、コンセプトカーで発表された「Xmotion Concept」をもとに、SUVらしい力強いフォルムになると思われます。

プラットフォームはインフィニティQX50と共有し、現行型よりも少しサイズがアップする可能性もあります。

フロントマスクのデザインは、現行型やティアナでも採用された「Vモーショングリル」のコンセプトを引き継いだ見た目になり、ボディの力強さと調和したより押し出し感のあるダイナミックでインパクトある顔つきになりそうです。

 

ボディサイズ

  • 全長/4700mm
  • 全幅/1820mm
  • 全高/1735mm
  • ホイールベース/2800mm

 

新型エクストレイルの安全装備・自動運転のレベルは?

日産 エクストレイル

安全装備には現行型にも採用されたプロパイロットなどの先進安全装備が新型にももちろん採用されます。

自動運転のレベルについてはレベル3の自動運転システムに相当する「プロパイロット3.0」の搭載を期待していますが、日産は2020年にプロパイロット3.0の実現に向けて開発を進めているので2019年登場予定のエクストレイル次期型に搭載されるかどうかが微妙なところです。

もしレベル3に相当する「プロパイロット3.0」が搭載されることになれば、プロパイロット2.0では高速道路などの同一車線道路だけに限った自動運転技術だったのが交差点を含む一般道路でも理論上では使えるようになるということです。

日産は一般道路でのテスト走行をすでにはじめているので、プロパイロット3.0が早く実現することに期待しています。

できれば2019年登場予定のエクストレイルに装備されるというシナリオであれば一番いいのですが。

  • プロパイロット
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ(フロントカメラで歩行者や前方車を検知して、衝突しそうになると自動的に緊急ブレーキをかけて衝突回避をサポートしてくれる)
  • ハイビームアシスト(道路や対向車・歩行者をカメラで検知してハイビーム・ロービームの切り替えを自動で行ってくれる)
  • 車線逸脱防止支援システム(車線からはみ出しそうになると警報とブザーで知らせてくれ、車線に戻る操作をサポートしてくれる)
  • 後側方車両検知警報(斜め後ろの死角にいる車を検知して警報してくれる)
  • 後退時車両検知警報(後退時に死角にいる車を検知して警報してくれる)
  • インテリジェントアラウンドビューモニター(真上から車を見下ろしているような画面で周囲の安全を確認できる)
  • 駐車支援システム(駐車枠を指定するだけで自動でハンドル操作をして駐車するときにサポートしてくれる)
  • 踏み間違い防止アシスト機能(低速走行や進行方向に障害物がある場合にペダル操作を間違えた場合に衝突や加速防止を支援してくれる)
  • ロードサインアシスト(フロントカメラで道路標識を認識して警告や注意をしてくれる)
  • ヘッドアップディスプレイ

 

予想発売価格

日産 エクストレイル

エクストレイル新型の予想価格は2WDハイブリッドのエントリーモデルで200万円前後からのスタートになる可能性があります。

期待のE-POWER搭載グレードは200万円後半ぐらいの値段に設定されるのではと見ています。

 

エクストレイル新型フルモデルチェンジ情報 まとめ

日産 エクストレイル

新型エクストレイルに待望のe-POWERが搭載されてどんなSUVになるのか楽しみですが、燃費はセレナぐらいの26.2km/Lほどをマークしてくれるのかが気になります。

内装のクオリティーもプラットフォームを共有するインフィニティQX50ほどプレミアムな雰囲気にならなくても、現行型よりも落ち着きのあるスポーティなデザインになると所有する満足感もあがりますね。

画像・参照元
https://www.nissan-global.com/JP/DESIGN/NISSAN/DESIGNWORKS/CONCEPTCAR/XMOTION/
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

「いつも閲覧・シェアをありがとうございます!更新する力になりますのでシェアをよろしくお願いいたします。シェアするSNSはご自由にお選びください。」

-日産
-, , , , , , , , ,

Copyright© Trend HQ , 2019 All Rights Reserved.